流行のドーリーメイクを徹底研究!!

自力で毎日。ずっと、ここまでの努力を続けていきますか?

つるんとつやつやの肌をつくるために… マッサージやパックを入念に。 ファンデやコンシーラーで、トラブル隠し。 ほんわりくるんとチークをのせる。 ぱっちり大きく愛らしい目元をつくるために… くっきりアイラインでくるっと縁取り。 つけまorたっぷりマスカラ。 ピンクのシャドーを目の際に丁寧にのせる。 キュートな唇をつくるために… 唇全体につやつやグロスを。 唇の中央だけに濃いピンクを重ねる。

肌・目・唇…たったこれだけでも、とっても大変ですね。だけど、毎日頑張ってメイクに時間を費やしても、本当になりたいドーリーフェイスを演出できているのでしょうか…。

今度は、本物のドールを徹底研究!

お手本になるお人形には、こんなに多くの特徴が!

実際のお人形をじっくり見てみましょう。さて、あなたの現在の顔との違いは?
そして、メイクでどこまで近づいていますか?

輪郭
  • 面長ではなく丸顔。あごの先端がやや尖っている。
  • 頬骨やエラも角ばっておらず、全体に丸みがある。
  • 頬が痩せこけておらず、ややぽっちゃりしている。
  • 小顔。
  • 顔の面積に対して、目が大きい。
  • ぱっちりと開いて、くっきりと印象的。
  • 少しタレきみで、涙袋があり、愛らしい。
  • 高すぎず、低すぎず、あまり目立たない。
  • 鼻の先が小さく、ほとんど目立たない。
  • 小鼻が小さく、鼻の穴が見えない。
  • 団子鼻やワシ鼻ではない。
  • 小さく、あまり目立たない。
  • 上唇が薄い。
  • 下唇は上唇の倍くらいの厚さであることが多い。
  • 色白で、つるんとしている。
    *法令線などのシワ、シミ、くすみ、ほくろ、ニキビ、ニキビ跡、毛穴の開きがない。
その他
  • 顔が左右対称である。

あなたが美容整形でドーリーフェイスに近づくには?!

ここを押さえれば、一気に憧れのドーリーフェイスに!

まずは、自分の顔とお人形をしっかり比較しよう。
お人形のたくさんの特徴をすべて美容整形で手に入れようとすると、人によっては大変な時間とお金を費やすことになってしまいます。そこでまず、鏡に向かって自分の顔をじっくり観察。輪郭、目、鼻、口、肌…5つのどれが最もお人形の特徴から遠いのかを見極めて、そこから最初に攻めていきましょう。
迷ったら、一番大きなポイントになる“目”から考える。
視線が集まりやすい目。そして、誰もがお人形と聞いて真っ先に思い浮かべるのも、おそらく「ぱっちり大きく開いた目」です。では、どうやって美容整形でドーリーな目にしていくか、順を追ってご紹介しましょう。
  1. 目をどんどんドーリーにしていくステップ
    STEP1 大きな目の象徴、二重まぶたにすることから。 その人の顔立ちに合った幅で二重をつくるのがポイント。
  2. STEP2 二重にしただけでは目の開きが大きくならない場合に。 まぶたが重たい人は眼瞼下垂の手術 目と目の間が広い人は目頭切開 目と目の間が狭い人は目尻切開
  3. STEP3 さらに大きく見せ、愛らしさも加えるために。 タレ目形成で癒し系に 涙袋にヒアルロン酸を注入してふっくら。
  • ※幅を広くし過ぎると、眠たそうな目になることもあるので要注意。
  • ※二重には末広型と並行型があるが、その人に合っていればどちらでもよい。
二重まぶた・全切開法

(6ヶ月後)

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

輪郭の施術は、ここに注意!

目の次に重要になるのは輪郭ですが、エラが出っ張っている場合は「骨削り」、頬が出っ張っている場合は「骨切り」が手っ取り早い方法のように思います。ですが、これらは大がかりな手術になりますし、やり過ぎるとシャープになり過ぎて可愛らしさを失ってしまうことも。そこで、エラの場合はボトックス・ボツリヌストキシン。頬の場合は、頬骨の下がくぼんでいることで目立っていることもあるので、くぼみにヒアルロン酸を注入してふっくらとさせる。まずはこうした方法から検討するのが、おススメです。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大