目から眉までの距離を近づけるにはどうしたらいいのか?

目のカウンセリングをしていると、よく患者様から、「眉から目までの距離を近づけたいです」とご要望いただきます。

眉から目までの距離が近いと、キリっとした凛々しい印象になり、距離が遠いと少し間の抜けた印象になることが多いです。

ただし、眉から目までの距離が近いと、お顔を特徴や見え方によってはきつい印象になることがあるため、優しい印象を持たせたい方はあまり近づけないほうが良いです。

また、一般的に白人や白人とのハーフの人は眉から目までの距離が近いので、白人っぽくなりたい方や、ハーフっぽくなりたい方は、眉から目までの距離を近づける手術をすることがあります。

目と眉の距離が離れていることの多い日本人の場合と、距離が近い白人やハーフ顔の場合を図解で表すと次のようになります。

眉から目までの距離が遠い=普通の日本人
眉から目までの距離が近い=白人やハーフ顔

眉から目までの距離を近づける整形手術

眉から目までの距離を近づける整形手術には色々な方法があり、順番にご紹介させていただきます。

二重まぶた埋没法、切開法

関係ないように見える方法ですが、一重まぶたの人に対して、埋没法やミニ切開法や全切開法で二重を作るだけでも、同時に目の眉の距離が縮まるようになります。

手術によってまぶたの皮膚の被さりが上にあがって目が大きく開くようになります。

その結果、今まで開きにくい目を少しでも開くように挙げていた眉が下がり、眉から目までの距離が近づきます。

奥二重の方に対して、少し二重の幅を広げても同じように眉と麺距離を縮めることができます。

ただし、あまりに極端に二重の幅を広げてしまうと、まぶたが開きにくくなって眠たそうな目になり、眉があまり下がらないことがあります。

二重まぶた・埋没法

二重まぶた・埋没法

高須クリニックの埋没法は、高須克弥院長が日本で初めて開発し、学会で発表して以来、一般に普及したメスを使わない技術で最も人気があります。
髪の毛より細い特殊な糸を使って、二重まぶたのヒダを作り、その線に沿って無数の点で繋ぐことで二重の形を作ることができます。
高須クリニックは、特許取得の埋没法専用糸を使用し、腫れにくく、ダウンタイムが短く、跡も目立たない自然な二重にすることが可能です。

二重まぶた・切開法

二重まぶた・切開法

切開法は二重にしようとするまぶたのヒダの予定線をメスで切開し、半永久的かつ、よりはっきりとした二重を目指す方法です。
高須クリニックでは、ダウンタイムが短く、傷跡もわかりにくい「ミニ切開法」、目の上の脂肪も取り払い、腫れぼったさも改善できる『全切開法』の2種類をご用意しています。

眼瞼下垂(デカ目整形)

眼瞼下垂(デカ目整形)

眼瞼下垂とは、垂れ下がった上まぶたを上に大きく開くように切開することによって、目の開きを改善する手術です。
眼瞼下垂手術を行うことで、細い目や眠たそうに見える目の方でもパッチリとしたデカ目になれるのですが、同時にまぶたの開きが良くなります。
今まで無意識に挙げていた眉がかなり下がるので、単に二重を作るだけの場合よりも、さらに眉から目までの距離が近づけることができます。

眉下リフト(上眼瞼リフト)

眉下リフト(上眼瞼リフト)

まゆの下にある余分な上まぶたの皮膚のたるみを切除する手術です。
まゆ毛のすぐ下にある厚いまぶたの皮膚だけを切除し、下の薄い皮膚は残して縫い縮めることで、目のラインやまぶたをすっきりさせることができます。
まぶたのたるみが解消されることにより、目が大きくなり、今まで挙げていた眉が下がる効果があるので、結果的に眉から目までの距離を近づけることができます。

このように、眉と目の距離を近づける方法は様々ありますが、実際のお顔の状態や、患者様のなりたい希望によって、ご提案できる手術は異なります。

高須クリニックでは、キャリアの豊富な形成外科医がカウンセリングから施術までをすべて担当。

ただ、手術を提案するだけではなく、患者様のなりたい理想に可能な限り近づける努力をいたします。

目と眉の距離を近づけたい方はお気軽に当院までご相談ください。

症例のご紹介

アイプチで被れた目に埋没法で二重を作った症例写真

  • Before

  • After(メイクなし)

  • After(メイクあり)(1ヶ月後)

⾼須 幹弥 医師

担当医からのコメント

⾼須 幹弥 医師

20代の女性患者様で、普段アイプチをしており、そのせいでまぶたの皮膚が被れ、皮膚が厚ぼったくなり、まぶたのシワが増えてしまっていました。
まぶたが被れている人は、まぶたを掻く癖があることが多い上、皮膚が厚ぼったくなっていたため、埋没法ではいつか戻ってしまう可能性が高く、ミニ切開法をご提案したのですが、ダウンタイムが取れないなどの理由で、埋没法をすることになりました。
普段のアイプチは、目を閉じて約6mmのところで二重を作っていたので、埋没法も同じところで行いました。
元々蒙古襞の形に左右差があったため、右が微妙な平行型になり、左は末広型になりました。
埋没法は、普段アイプチをしているところで行うと、比較的戻りにくいです。
逆に広げてしまうと、戻りやすいのであまりお勧めではないです。

二重まぶた・埋没法

片目 ¥55,000(税込)
両目 ¥99,000(税込)

【全院】

二重まぶた・埋没法(二針固定)

片目 ¥99,000(税込)
両目 ¥187,000(税込)

【銀座高須クリニック、横浜、名古屋、大阪】

二重まぶた・埋没法

※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

症例のご紹介

目頭切開せずに二重まぶたミニ切開法で幅の狭い平行型二重を作った症例写真

  • Before

  • After(6ヶ月後)

⾼須 幹弥 医師

担当医からのコメント

⾼須 幹弥 医師

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、ほぼ完全な一重まぶたで、まぶたの皮膚が被さり、細い目をしていました。
幅が広い二重や不自然な二重は嫌という御要望だったので、目を開けた状態でわずかに二重の幅が見えるようなデザインで手術することになりました。
元に戻ってしまう二重は嫌ということだったので、埋没法ではなく、ミニ切開法で手術することになりました。
皮膚切除はせず、眼窩内脂肪やROOFも切除しませんでした。
術後は目を開けた状態でわずかに二重の幅が見える狭い平行型二重になりました。
この方は、元々蒙古襞の張りが弱いため、目頭切開をして蒙古襞の張りを大きく解除しなくても、狭い二重を作るだけで平行型二重になりました。
この方のように、狭い二重を作るだけで平行型二重になる人は、どちらかというと珍しいです。
ほとんどの人は、平行型二重を作るには、蒙古襞を乗り越えて幅の広い二重を作るか、狭い二重を作ると同時に大きく目頭切開をして、蒙古襞の張りを解除する必要があります。

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

片目 ¥148,500(税込)
両目 ¥275,000(税込)
脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

【銀座高須クリニック、横浜、名古屋、大阪】

症例のご紹介

二重まぶた全切開法で平行型と末広型の中間くらいの二重を作った症例写真の術前術後画像

  • Before

  • After(メイクなし)(4ヶ月後)

  • After(メイクあり)(4ヶ月後)

⾼須 幹弥 医師

担当医からのコメント

⾼須 幹弥 医師

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、ほぼ完全な一重まぶたで、二重のラインがないため、まぶたの皮膚が黒目に被さり、細い目をしてらっしゃいました。
患者様のご要望は、
「目を開けた状態で、ちゃんと二重の幅が見えて、奥二重のようになるのは嫌」
「内側(目頭側)に二重のラインが入り込むのは嫌」
「元に戻るのは嫌なので、埋没法ではなく、切開法でしたい」
ということでしたので、目を開けた状態で二重の幅が見えて、二重のラインがやや蒙古襞を乗り越えて、目頭側に入り込まないように重瞼棒でデザインし、二重まぶた全切開法に準じて手術しました。
最小限の眼輪筋、瞼板前結合組織を切除し、内部処理を行うことにより二重のラインを作成しました。
皮膚やROOFは切除しませんでした。
術後は、二重のラインが蒙古襞のやや上を乗り越えるようにデザインしたため、完全な末広型の二重にはならず、末広型と平行型の中間のような二重になりました。
また、目を開けた状態で、奥二重のようにならず、ちゃんと目頭側から目尻側まで二重のラインの見える二重になりました。

二重まぶた・全切開法

片目 ¥148,500(税込)
両目 ¥275,000(税込)
脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

【銀座高須クリニック、横浜、名古屋、大阪】

二重まぶた・全切開法

※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

症例のご紹介

眼瞼下垂手術で眠たそうなまぶたの開きを良くし、同時に一重を二重にした20代女性の症例写真の術前術後画像

  • Before

  • After(6ヶ月後)

⾼須 幹弥 医師

担当医からのコメント

⾼須 幹弥 医師

20代女性の患者様で、分厚くて眠たそうな細い目を気にされていました。
診察させていただいたところ、まぶたの皮膚が厚く、脂肪もたくさんついていました。
まぶたの開きが悪く、一重まぶたであるため、普通に目を開けた状態で黒目が3~4割程度しか出ておらず、余計に目が細く見えていました。
眼瞼下垂手術をして、まぶたの開きを良くし、同時に二重を作ることになりました。
二重まぶた全切開法に準じ、新しく作る二重のラインに沿って皮膚を切開し、上眼瞼挙筋の挙筋腱膜を瞼板に前転固定し、短縮しました。
開きすぎて、ビックリした目やキツい目にならないように、普通に目を開けた状態で、黒目が7~8割程度出るように調節しました。
二重の幅は、広くし過ぎると、二重のラインの下の皮膚が睫毛の生え際に被さり、その分まぶたの開きが悪くなってしまうため、目を開けた状態でわずかに二重の幅が見える程度の二重を作りました。
日本人特有の蒙古襞が平均的に張っており、広すぎない自然な幅の二重を作ったため、二重のラインが蒙古襞の上を乗り越えず、蒙古襞の中に入り込んだため、必然的に末広型の二重になりました。
目が窪まない程度に眼窩内脂肪とROOFを切除しました。
皮膚は切除しませんでした。
術後は、分厚かったまぶたが程よく薄くなって、まぶたの開きが良くなった上に、自然な二重まぶたになりました。

眼瞼下垂(デカ目整形)

片目(通常の手術の場合) ¥385,000(税込)
両目(通常の手術の場合) ¥770,000(税込)
片目(筋膜移植の場合) ¥605,000(税込)
両目(筋膜移植の場合) ¥990,000(税込)

【銀座高須クリニック、横浜、名古屋、大阪】

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

2018年6月1日に厚生労働省より施行された医療広告ガイドラインに基づき、
当院の所属医師による監修のもと医療機関として、ウェブサイトを運営しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

  • 【高須クリニック】LINE公式アカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧