一重まぶたと二重まぶたと奥二重の違い、埋没法や切開法で二重まぶたになる仕組みについて。

一重まぶたと二重まぶたの違いと、埋没法や切開法で二重ができる仕組みについて解説させていただきます。

まず、まぶたを開く動作は、まぶたの下部の淵にある瞼板(けんばん)という軟骨の板が、まぶたの上のほうから伸びている筋肉(上眼瞼挙筋とミューラー筋)とくっつき、その筋肉の収縮によって瞼板を引っ張ることで行われています。

上にある瞼板(けんばん)とつながる筋肉から二重になる筋肉が枝分かれしているか、していないかによって一重まぶたと二重まぶたの違いが現れます。

一重まぶたの場合

一重まぶたは、まぶたを開ける筋肉が瞼板に付着しているだけです。
まぶたの皮膚のほうに枝分かれしてしっかりと延びていない場合、まぶたの皮膚は折れ曲がることなくまぶたが開くため、二重にならず一重になります。

まぶたの皮膚が折れ曲がっていないと、まぶたの皮膚がまつ毛の生え際まで覆い被さり、まぶたの開きはあまり良くありません。

二重まぶたの場合

二重瞼の場合は、筋肉が瞼板に接合しているだけでなく、上眼瞼挙筋から伸びる挙筋腱膜がが枝分かれしてして伸び、皮膚とも接合しています。

まぶたが開くと、挙筋腱膜が付着している皮膚の部分が同時に引っ張られるため、まぶたを開くとその部分の皮膚が折り畳まれ、二重になります。

一重まぶたに比べるとまぶたの皮膚が覆い被さりにくく、その分、まぶたの開きが良くなり、黒目が大きく出ます。

奥二重の場合

ただし、二重まぶたでも、できている二重のラインが狭い場合があります。
この状態でまぶたを開けて皮膚が折れ込まれたとき、二重のラインの上の皮膚がまつ毛の生え際まで覆い被さり、二重のラインや幅が見えない、いわゆる奥二重になります。
狭い二重のラインとは、このような状態をさします。

奥二重では、二重のラインは見えませんが、完全な一重まぶたに比べればまぶたの開きは良く、黒目の見える面積も大きくなります。

また、一般的な幅の二重(目を閉じた状態で7mm程度)でも、まぶたの開きが極端に良いと、目を開けた状態で、二重のラインの下に皮膚が覆い被さり、奥二重になることがあります。

さらに、今まで二重まぶたであっても、加齢などによってまぶたの皮膚のたるみが多い場合、目を開けた状態で皮膚が覆い被さり、奥二重になってしまうことがあります。

次に、一重まぶたを二重まぶたにする手術についてご紹介します。
二重まぶたの手術には大きく分けて
  • 埋没法
  • 切開法
の2つがあります。

埋没法は糸でまぶたの皮膚を連結して折り畳む手術

もっとも有名な埋没法は、ナイロン製の細い糸をまぶたの中に埋め込むことにより、一重まぶたを二重まぶたにしたり、二重まぶたの幅を更に広げることができます。

まぶたの皮膚の表面から瞼板まで貫通させて、ループ状に糸を埋め込んで結び、皮膚と瞼板を連結させます。

まぶたを開けると、連結した部分が引き上げられるため、その部分が二重のラインになり、皮膚が折り畳まれ二重になります。

埋没法のメリット

二重手術の埋没法は、高須克弥院長が日本で初めて開発し、学会で発表して以来、一般に普及した技術です。

メスで切開せずに糸で留める技術のため、施術跡が目立つことはなく、痛みがほとんどなく、腫れも少なくなっています。

費用もリーズナブルであるため、気軽にできる方法として最も人気のある整形手術の一つになっています。

埋没法のデメリット

永久的で完全な癒着を起こすわけではないので、個人差により年月と共に糸が緩んでいき、二重のラインがなくなってしまうことがあります。

また、幅の狭い二重のラインを作る場合は糸が緩みにくいのですが、幅の広い二重(平行型二重)を作る場合は糸が緩みやすく、元に戻りやすい傾向があります。

高須クリニックでは、埋没法の開発元として、一般的な方法より糸がとれにくく、また腫れが少ない方法で施術をおこなっております。

埋没法にむいている方

  • 気軽に二重にしたい方
  • リーズナブルに二重にしたい方
  • 自然な末広型二重にしたい方

切開法はメスで二重のラインをつくる手術

切開法とは、新しく作りたい二重のラインに沿って皮膚を切開し、二重のライン上の皮膚と筋肉〜瞼板までの間を癒着によって連結させる方法です。

まぶたを開けると、切開線上の皮膚が一緒に引き上げられ、二重のラインになります。

切開法のメリット

永久的な癒着を起こすため、埋没法のように二重のラインがなくなって元に戻ってしまうことは通常ありません。

日本人に多い末広型二重ではなく、欧米人のような幅の広い平行型二重を作る場合にもむりている施術法です。

皮膚を切開するので、同時に余分な脂肪を除去することができ、腫れぼったさなども改善することができます。

切開法のデメリット

埋没法に比べ、費用が割高になってしまうことと、ダウンタイムがやや長くなります。

また、切開するところが1ミリでもずれると二重の幅は大きく変わるため、患者様の希望通りの繊細なラインに近づけるほど、難易度は上がり、高度な技量が必要になります。

高須クリニックでは、切開する幅に応じて、「ミニ切開法」と「全切開法」の2つをご用意しております。

ミニ切開法の場合は、手術時間が少し短く、全切開法の場合は、まぶたの余分な脂肪より多く取り切ることができます(料金はどちらも同じです)

高須クリニックの二重整形手術は、高須幹弥はじめ、すべて豊富なキャリアを積んだ形成外科医のみが担当しています。

形成外科医でない、または経験の浅いドクターが施術をすることはありません。

どの方法が良いのかわからない方は、お気軽にご相談ください。

患者様ご希望の二重の幅、形などによって、最適な方法をカウンセリングでご提案させていただきます。

切開法にむいている方

  • 目をより大きく、はっきり見せたい方
  • 幅広い二重を望んでいる方
  • まぶたの皮膚が厚い方
  • まぶたに脂肪がつき腫れぼったい方

症例のご紹介

アイプチで被れた目に埋没法で二重を作った症例写真

  • Before

  • After(メイクなし)

  • After(メイクあり)(1ヶ月後)

⾼須 幹弥 医師

担当医からのコメント

⾼須 幹弥 医師

20代の女性患者様で、普段アイプチをしており、そのせいでまぶたの皮膚が被れ、皮膚が厚ぼったくなり、まぶたのシワが増えてしまっていました。
まぶたが被れている人は、まぶたを掻く癖があることが多い上、皮膚が厚ぼったくなっていたため、埋没法ではいつか戻ってしまう可能性が高く、ミニ切開法をご提案したのですが、ダウンタイムが取れないなどの理由で、埋没法をすることになりました。
普段のアイプチは、目を閉じて約6mmのところで二重を作っていたので、埋没法も同じところで行いました。
元々蒙古襞の形に左右差があったため、右が微妙な平行型になり、左は末広型になりました。
埋没法は、普段アイプチをしているところで行うと、比較的戻りにくいです。
逆に広げてしまうと、戻りやすいのであまりお勧めではないです。

二重まぶた・埋没法

片目 ¥55,000(税込)
両目 ¥99,000(税込)

【全院】

二重まぶた・埋没法(二針固定)

片目 ¥99,000(税込)
両目 ¥187,000(税込)

【全院】

二重まぶた・埋没法

※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

症例のご紹介

目頭切開せずに二重まぶたミニ切開法で幅の狭い平行型二重を作った症例写真

  • Before

  • After(6ヶ月後)

⾼須 幹弥 医師

担当医からのコメント

⾼須 幹弥 医師

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、ほぼ完全な一重まぶたで、まぶたの皮膚が被さり、細い目をしていました。
幅が広い二重や不自然な二重は嫌という御要望だったので、目を開けた状態でわずかに二重の幅が見えるようなデザインで手術することになりました。
元に戻ってしまう二重は嫌ということだったので、埋没法ではなく、ミニ切開法で手術することになりました。
皮膚切除はせず、眼窩内脂肪やROOFも切除しませんでした。
術後は目を開けた状態でわずかに二重の幅が見える狭い平行型二重になりました。
この方は、元々蒙古襞の張りが弱いため、目頭切開をして蒙古襞の張りを大きく解除しなくても、狭い二重を作るだけで平行型二重になりました。
この方のように、狭い二重を作るだけで平行型二重になる人は、どちらかというと珍しいです。
ほとんどの人は、平行型二重を作るには、蒙古襞を乗り越えて幅の広い二重を作るか、狭い二重を作ると同時に大きく目頭切開をして、蒙古襞の張りを解除する必要があります。

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

片目 ¥148,500(税込)
両目 ¥275,000(税込)
脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

【銀座高須クリニック、横浜、名古屋、大阪】

症例のご紹介

二重まぶた全切開法で平行型と末広型の中間くらいの二重を作った症例写真の術前術後画像

  • Before

  • After(メイクなし)(4ヶ月後)

  • After(メイクあり)(4ヶ月後)

⾼須 幹弥 医師

担当医からのコメント

⾼須 幹弥 医師

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、ほぼ完全な一重まぶたで、二重のラインがないため、まぶたの皮膚が黒目に被さり、細い目をしてらっしゃいました。
患者様のご要望は、
「目を開けた状態で、ちゃんと二重の幅が見えて、奥二重のようになるのは嫌」
「内側(目頭側)に二重のラインが入り込むのは嫌」
「元に戻るのは嫌なので、埋没法ではなく、切開法でしたい」
ということでしたので、目を開けた状態で二重の幅が見えて、二重のラインがやや蒙古襞を乗り越えて、目頭側に入り込まないように重瞼棒でデザインし、二重まぶた全切開法に準じて手術しました。
最小限の眼輪筋、瞼板前結合組織を切除し、内部処理を行うことにより二重のラインを作成しました。
皮膚やROOFは切除しませんでした。
術後は、二重のラインが蒙古襞のやや上を乗り越えるようにデザインしたため、完全な末広型の二重にはならず、末広型と平行型の中間のような二重になりました。
また、目を開けた状態で、奥二重のようにならず、ちゃんと目頭側から目尻側まで二重のラインの見える二重になりました。

二重まぶた・全切開法

片目 ¥148,500(税込)
両目 ¥275,000(税込)
脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

【銀座高須クリニック、横浜、名古屋、大阪】

二重まぶた・全切開法

※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

症例のご紹介

目頭切開+目尻切開で目の横幅を広げた症例写真

  • Before

  • After(6ヶ月後)

⾼須 幹弥 医師

担当医からのコメント

⾼須 幹弥 医師

20代女性の中国人患者様で、目を大きくしたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、天然の幅広平行型二重であり、まぶたの開きはさほど悪くないのですが、目の横幅はやや小さめでした。
そのため、目頭切開と目尻切開を同時に行い、目の横幅を広げることになりました。
目頭切開はZ法に準じて行い、約1.5mmずつ内側に広げました。
目尻切開はW字切開に準じて行い、約2mmずつ外側に広げることができました。
術後は程よく目の横幅が広がって大きくなり、華やかな印象の目になりました。

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

2018年6月1日に厚生労働省より施行された医療広告ガイドラインに基づき、
当院の所属医師による監修のもと医療機関として、ウェブサイトを運営しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

  • 【高須クリニック】LINE公式アカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧