診療科目

肌 美容皮膚科
ボディ
その他

お電話での相談も承ります。 0120-5587-35 受付時間 9:30〜22:00 ※日曜日・祝日は21:00まで

イタリアンリフト吸収糸を使った頬のたるみ治療

吸収されるアプトス糸で
頬をリフトアップ

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

よくある質問

Q
イタリアンリフト吸収糸を使った頬のたるみ治療イタリアンリフトファイン吸収糸を使った肌のハリを出す治療の糸の材質について詳しく教えてください。
A
高須幹弥医師

イタリアンリフト吸収糸を使った頬のたるみ治療イタリアンリフトファイン吸収糸を使った肌のハリを出す治療に使用する糸は、ポリジオキサノン(PDO、Polidiossanone)という物質でできています。

ポリジオキサノンは生分解性ポリマーの一種です。

生分解性ポリマーとは、一般的に「通常の使用状況下では一般のプラスチックように使えて、使用後は分解され、最終的には二酸化炭素(炭酸ガス)と水に変換され、自然に還る」と定義されています。

要するに、常温下で外に置いておくと、張りとある程度の硬さがある材質のものですが、人間の身体の中に入ると、溶けて吸収されるということです。

ポリジオキサノンが人間の身体の中に入ると、吸収されるまでの間に軽い炎症反応を生じ、コラーゲン繊維の増生を促します。

作られたコラーゲン繊維は永久に残るため、ある程度のエイジングケア効果は半永久的に持続することになります。

因みに、有機化合物の分子が重合して生成する化合物をポリマー(重合体)といい、重合体になる分子をモノマー(単量体)といいます。

ポリジオキサノンは、体内でエステル主鎖の単純な加水分解によって無害で非毒性の化合物に分解され、分解生成物は、腎臓によって排泄されるか、または生化学的経路を通して二酸化炭素と水になって排出されます。

現在、吸収性外科縫合糸や吸収性インプラントとしても利用されており、ほぼ全ての先進国の規制当局によって非毒性、かつ生体適合性があるとみなされています。

Q
イタリアンリフト吸収糸を使った頬のたるみ治療イタリアンリフトファイン吸収糸を使った肌のハリを出す治療などの糸のリフトアップ治療は繰り返し受けることはできますか?
その場合はどれくらい間隔を空ければ良いのですか?
A
高須幹弥医師

イタリアンリフト吸収糸を使った頬のたるみ治療イタリアンリフトファイン吸収糸を使った肌のハリを出す治療を繰り返し受けることは可能です。

これらの治療は吸収糸(溶ける糸)によるリフトアップ治療で、皮膚の下に挿入した糸が溶けて、コラーゲン繊維に置き換わり、そのコラーゲン繊維はある程度永久に残るため、効果は半永久的に持続します。

そのため、イタリアンリフト吸収糸を使った頬のたるみ治療イタリアンリフトファイン吸収糸を使った肌のハリを出す治療を受けると、今後の老化の進行のスピードをゆっくりにすることができます。

ただ、効果が半永久的に持続するといっても、顔の老化を完全にストップして、全く老化しない顔にすることは不可能です。

イタリアンリフト吸収糸を使った頬のたるみ治療イタリアンリフトファイン吸収糸を使った肌のハリを出す治療は、1回受けるだけでも、効果は半永久的に持続し、満足していただけますが、繰り返し同じ手術を受けると、更に効果が期待できます。

繰り返し受けることで、顔の皮膚の下のコラーゲン繊維は増え続け、更に張りが出て、老化予防効果は強くなっていきます。

顔の中に異物が残ることもなく、自分のコラーゲン繊維が増えるだけなので、リスクはなく、副作用や合併症が起こることもありません。

繰り返し受ける場合の間隔は、理屈的にはいつでも受けることができ、極端な話、施術を受けた翌日にまた同じ施術を受けることも可能です。

患者様がまたやりたいと思ったときがやりどきであり、1年後にされる方がいらっしゃれば、2年後や5年、10年後にされる方もいらっしゃるし、早いと6ヶ月後にされる方もいらっしゃいます(予算的な都合もあると思います)。

もちろん、1回受けただけで大満足されて、2回目はされない方もいらっしゃいます。

Q
術後、違和感はありますか?
A
奥田裕章医師

術後1ヶ月程度は、軽いツッパリ感を自覚することがあります。しかしそれは、周囲の人にわかって違和感を感じさせるというようなものではありません。ご自身でも皮膚表面から見た場合は、ハリがある状態のように感じられるはずです。そして1ヶ月以上経つと徐々にツッパリ感も改善し、以前と変わらない感覚になっていきます。

Q
効果はどの位続きますか?
A
日下志厳医師

イタリアンリフト吸収糸を使った頬のたるみ治療の糸は約8〜10ヶ月かけて自然に溶けて吸収されますが、糸が存在している間に絡んだコラーゲン繊維がハンモックの様に皮膚を持ち上げ続け、この効果は半永久的に持続します。肌全体の老化そのものは進行しますが、その速度を非常にゆるやかにし、長くハリのある状態をキープ。リフトアップ効果に加え、老化予防効果の高い施術です。

Q
施術後レーザー治療は受けられますか?可能であればいつから可能ですか?
A
高須英津子医師

はい、受けられます。イタリアンリフト吸収糸を使った頬のたるみ治療の施術から、1週間以上空ければ問題はありません。レーザー治療のほか、照射系の様々な施術も、同じように1週間後から受けていただけます。いくつか施術を組み合わせることで、より一層の美肌へ。どのような施術があなたに最適なのか、私たちが丁寧にアドバイスさせていただきます。

Q
レントゲンに写ったりしませんか?また、入れた糸が出てくることはありませんか?
A
高須幹弥医師

イタリアンリフト吸収糸を使った頬のたるみ治療の糸は約8〜10ヶ月で自然に溶けてコラーゲン組織(ご自身の組織)に置き換わるので、この時期になればレントゲンに写る心配はなくなります。当院の糸の施術の場合、糸が外へ出てくるようなことは通常では考えられません。質の良い材料を使い、高い技術で正しい施術を行えば出てくる心配はまずないのです。

Q
イタリアンリフト吸収糸を使った頬のたるみ治療金の糸(ゴールデンリフト)金の糸の違いは何ですか?
A
高須幹弥医師

金の糸(ゴールデンリフト)金の糸による金の糸(ゴールデンリフト)金の糸は、顔全体の肌にハリを出し、半永久的に老化を予防してくれるものです。毛羽立った糸によるイタリアンリフト吸収糸を使った頬のたるみ治療は、たるんだ肌をリフトアップし、今後の肌のたるみを半永久的に予防するものです。顔全体のハリか、たるみのリフトアップか、効果の違いはありますが、どちらも優れたエイジングケア施術です。

Q
糸の施術でたるみの改善を考えています。どの方法が一番効果的ですか?
A
奥田裕章医師

当院では様々な糸系リフトアップの施術を行っております。特に人気の高いものは金の糸(ゴールデンリフト)金の糸イタリアンリフト吸収糸を使った頬のたるみ治療となり、それぞれに施術効果は違います。
金の糸(ゴールデンリフト)金の糸は顔全体に髪の毛程の金の糸(ゴールデンリフト)金の糸を皮膚の中に埋め込みます。金の糸(ゴールデンリフト)金の糸が入ることで、その部分の皮膚が活性化し肌のハリがでます。小ジワ、薄いしみ、毛穴の開きなどが改善し、肌のハリがでることで軽度のリフトアップ効果があります。その効果は半永久的に続きます。顔全体のハリが欲しいという方に向いています。
イタリアンリフト吸収糸を使った頬のたるみ治療は頬のたるんでいるところに溶ける材質の特殊な毛羽立った糸を片側2〜3本程度埋め込み、たるみを持ち上げる方法です。糸は約8〜10ヶ月程度で溶けていき、その部位にコラーゲン繊維を残し、再びたるみが出ないようにハンモック状に残っているコラーゲン繊維がたるみを支えます。効果は半永久的に持続します。頬のたるみを改善したいという方に向いています。
希望のリフトアップ(部位、効果)によって、施術方法は様々となりますので、どの方法が適しているか医師とよくご相談ください。

Q
糸リフトとサーマクールCPTRF高周波エネルギーシステムはどう違いますか?
A
高須幹弥医師

サーマクールCPTRF高周波エネルギーシステムは高周波の熱エネルギーを皮膚深層まで照射することでコラーゲン繊維を作り出し、肌のハリが出て毛穴の開きが収縮しリフトアップ効果、小顔効果が期待できます。作られたコラーゲン繊維の多くは半永久的に残るため、効果も半永久的に持続します。施術直後から少しずつ効果が実感でき、3〜4ヶ月で更に引き締まり、より効果が得られます。その効果が実感できた時点からまた徐々に老化は進行していきます。
糸リフトは糸を皮膚の中に埋め込む方法です。金の糸(ゴールデンリフト)金の糸金の糸(ゴールデンリフト)金の糸が永久的に皮膚の中に残ります。イタリアンリフト吸収糸を使った頬のたるみ治療やポニーテールリフト(小切開こめかみリフト)は溶ける材質の糸を埋め込み、糸が溶けてそこに強靭なコラーゲン繊維が半永久的に残ります。
その中に残った金の糸(ゴールデンリフト)金の糸や強靭なコラーゲン繊維によってエイジングケアした時点から半永久的に老化の予防をしていくことになります。

Q
イタリアンリフト吸収糸を使った頬のたるみ治療は、どのような施術で、術後の痛みや通院はあるのでしょうか?
A
奥田裕章医師

イタリアンリフト吸収糸を使った頬のたるみ治療は永久に変質しない毛羽立った収縮する性質を持つ特殊な糸を皮膚内に埋め込むことでたるみを引き上げる方法です。3ヶ月くらいがマックスで、徐々に引きあがって行きますので自然にエイジングケアが可能です。また、埋め込んだ糸は約8〜10ヶ月で溶けて自己のコラーゲン繊維に置き換わります。麻酔の影響で半日白く浮腫みが出ることがありますが24時間たてば針穴も完全に塞がりお化粧も可能となります。通院は基本的に無く痛みもほとんどありません。片頬に3本ずつ(両頬で6本)挿入し、頬のたるみを改善します。ほうれい線のしわにも効果的です。

Q
私は30代後半で、顔全体のたるみを取りたいと考えていますが、金の糸(ゴールデンリフト)金の糸イタリアンリフト吸収糸を使った頬のたるみ治療はどう違うのですか?
A
日下志厳医師

金の糸(ゴールデンリフト)金の糸は、高い美肌効果で知られる純金を真皮内に埋め込むことで、コラーゲンや血管の再生を促進させ、老化した肌にイキイキとしたツヤと血色を取り戻し、ハリを復活させます。
しかし、目的として『たるみの改善』を強く希望される場合は、金の糸(ゴールデンリフト)金の糸以外の糸の施術の方が向いている場合もあります。
イタリアンリフト吸収糸を使った頬のたるみ治療は、顔の数ケ所の部分に毛羽立ったイタリアンリフト吸収糸を使った頬のたるみ治療専用の手術糸を通します。この糸の毛羽立ちが皮下組織になじみながらひっかかりをもたらし、手術後約1週間で自然なリフトアップ効果を発揮致します。またこれらの様々な糸を使った治療は、皮膚の中でしっかり固定され、皮膚と脂肪層を支えるので、長期的に『たるみ』を予防します。

Q
年齢のせいか、最近目の下のしわと顔全体のたるみが気になります。シワ・たるみを取り除きたいのですが。
A
高須敬子医師

現在、様々な治療法があります。
しわにはヒアルロン酸などの注射、たるみはたるんだ皮膚を切り取るリフトアップの外科的手術。イタリアンリフト吸収糸を使った頬のたるみ治療金の糸(ゴールデンリフト)金の糸等、メスを使用せず、糸を埋め込む施術。目の下のしわ・たるみ・クマには、ポラリスRF&ダイオードレーザーが効果的です。(もちろん、他の部位にも集中的に改善可能です。)頬、顔全体のたるみにはサーマクールCPTRF高周波エネルギーシステム等、診察で最も適した施術を医師がご提案いたします。

Q
頬やアゴの下のたるみを改善したいのですが、どの様な方法がありますか?
A
日下志厳医師

現在、様々な治療法があります。
地球に重力がある限り、「たるみ」は老化現象として避けられないものですね。お顔のたるみには、皮膚を引き上げるフルフェイスリフトの手術やメスを使わず糸をお顔に挿入して引き上げるイタリアンリフト吸収糸を使った頬のたるみ治療もご検討ください。また高周波の熱によって皮膚を引き締める治療のサーマクールCPTRF高周波エネルギーシステムは、お顔にメスも注射も一切使いません。施術後に腫れも出ませんので、日常生活に全く支障がありません。たるみがひどくなる前の予防策として受けられますと、将来のたるみを強力に予防します。