症例写真

顔の脂肪溶解注射をした後、エラボトックス注射をし、更に小顔になった20代女性の症例写真

ビフォー・アフター
Before After(注射後1ヶ月)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、小顔になりたいというご要望でした。
この患者様は、以前に当院で顔に脂肪溶解注射をしており、頬、フェイスライン、顎下の皮下脂肪を減らしていました。
診察させていただいたところ、まだ多少皮下脂肪は残っており、メソシェイプフェイスをする余地もあったのですが、咬筋も適度に発達しており、エラボトックス注射の適応もありました。
まずは顔のした1/3の横幅を細くするために、エラボトックス注射をすることになりました。
両側の咬筋にボトックスを高濃度で注入しました。
頬が痩けたり、たるんだりしないように、下顎骨の付着部のみに注入するようにしました。
注射後1ヶ月には顔の下1/3の横幅が程よく細くなり、患者様には大変満足していただきました。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

    ※効果には個人差があります。

    文字サイズ
    小 中 大