対象クリニックアイコンの凡例

:銀座高須クリニック
:横浜院
:名古屋院
:栄院
:大阪院
全院
:全院
年代 / 性別
20代 / 女性
診療科目
ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)
症例写真,ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)の症例写真,Before,ba_botox01_b.jpg

Before

症例写真,ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)の症例写真,After(1ヶ月後),ba_botox01_b.jpg

After(1ヶ月後)

20代女性の患者様で、小顔希望で来院されました。
一般的に顔が大きい原因というのは、
・頬骨が張っている
・エラの骨が張っている
・エラの筋肉が張っている
・顔に脂肪がついている
・頬や顎がたるみ、下膨れになっている
・元々顔全体が大きい
などがあり、この方の場合は、エラの骨と筋肉が張っているため、正面から見て顔の下半分の横幅が広がっていました。
そのため、治療法としては、エラの筋肉を細くするボツリヌストキシン注射とエラの骨を削る手術が適応になります。
この方の顔の特徴は、正面から見ると顔の下半分の横幅が広いのですが、側面から見たフェイスラインはそれほど悪くないので、そのようなタイプは、エラ削りよりもボツリヌストキシン注射のほうが効果があります。
また、エラ削りはリスクの高い手術であるため、3~4日間の入院と全身麻酔が必要で、術後の強い腫れが1ヶ月以上続くのに対し、ボツリヌストキシンは注射をするだけなので、数分で終わり、注射後の腫れはほとんど目立ちません。
そのようなこともあり、まずはボツリヌストキシン注射をすることになりました。
1ヶ月後には、エラの筋肉が細くなり、正面から見た顔の下半分の横幅がかなり細くなりました。
これ以上細くしたい場合はエラ削りをしなければなりませんが、この方は大きな手術はしたくないとのことで、治療は終了となりました。
当院のボツリヌストキシン注射は、1回の注射だと、薬の作用は約6ヶ月でなくなりますが、おおよそ3~4割程度の効果は半永久に残ります。
約5ヶ月おきに5回程度注射すると、咬筋のボリュームはほぼ完全になくなり、かなりスッキリした小顔を半永久に維持することができます。

術後の経過

注射前

症例写真,ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)の症例写真,注射前,mainpic_botox01a.jpg
高須幹弥医師からのコメント

注射前です。
エラの骨が張っていますが、それ以上にエラの筋肉(咬筋)が発達しており、正面から見て、顔の下半分の横幅が広く、顔が大きく見えています。

注射直後

症例写真,ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)の症例写真,注射直後,mainpic_botox01b.jpg
高須幹弥医師からのコメント

注射直後です。
やや浮腫んでいますが、帰る前に冷やしていただくと、ほとんど目立たなくなります。
注射後は徐々にエラが細くなっていきます。
2週間くらいで効果が感じられ、1ヶ月後には完全に効果が現れます。
お化粧してお帰りいただけます。

1ヶ月後

症例写真,ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)の症例写真,1ヶ月後,mainpic_botox01c.jpg
高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後です。
かなり細くなりました。
6ヶ月ほどでボツリヌストキシンの薬理作用はなくなりますが、1回の注射で、ほぼ3~4割程度の小顔効果は半永久に持続します。

この症例と同じ診療科目の
症例写真はこちら

ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)

正面から見てエラが張って見える人は、筋肉が発達している場合が多いもの。この方も筋肉タイプのエラ張りだったので、ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)をしました。
1回注射するだけで、十分にフェイスラインが細くなります。効果は半年から1年ですが、繰り返し数回注射すれば半永久的にエラの気にならない小顔でいられるようになります。
この施術のメリットは、徐々に効果が出るので他人に気づかれにくいこと。例え気がつかれたとしても、「痩せた?」という程度ですんでしまいますよ。

続きを見る

料金

20代女性の方で、二重まぶた、美肌、エイジングケア、小顔がご希望でした。
二重に関しては、術前から、なんとなく二重っぽいシワのようなものはあったのですが、はっきりしない二重であったため、ミニ切開法ではっきりとした二重を作りました。
やや広めの二重を作ったのですが、この方は、元々蒙古襞があまり発達していなかったため、必然的に平行型二重になりました。
美肌、エイジングケアに関しては、顔全体に金の糸(ゴールデンリフト)を施術したところ、数ヶ月で、肌の張りが出てきて、毛穴の開きや小じわが目立たなくなってきました。
小顔に関しては、正面から見たときに、ややエラが横に張っていたので、ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)をしたところ、エラの張りがなくなり、金の糸(ゴールデンリフト)との相乗効果で、顔全体が引き締まりました。

続きを見る

料金

片目
¥148,500(税込)
両目
¥275,000(税込)
高須幹弥医師の場合 片目
¥192,500(税込)
高須幹弥医師の場合 両目
¥385,000(税込)

全院

脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

1回
¥165,000(税込)

全院

顔全体(額、コメカミ、頬)
¥330,000(税込)

¥330,000(税込)
デコルテ
¥330,000(税込)
手の甲(両手)
¥330,000(税込)

銀座

横浜

名古屋

30代男性の患者様で、小顔にしたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、顔に多少の脂肪がついていましたが、エラが強く張っていました。
この患者様のエラが張っている原因は、筋肉と骨によるのですが、7:3くらいで、筋肉によるものが大きかったので、ボツリヌストキシン注射をすることになりました。
注射して1ヶ月後には、効果が最大限に現れ、正面から見て、顔の下半分がかなりシャープになりました。
ボツリヌストキシン注射は、注射した後、徐々に筋肉(咬筋)が廃用性萎縮していき、細くなっていきます。
1ヶ月後くらいで最大限に効果が現れ、その効果が続いた後、6ヶ月くらいでボツリヌストキシンの薬理作用はなくなるのですが、ある程度永久的な筋肉の廃用性萎縮を起こすため、3~4割くらいの効果は永久に残ります。
そのため、5~6回程度注射すると(だいたい5ヶ月間隔くらいが望ましいです)、その後、注射をしなくても、注射後1ヶ月の最大限に効果が出ているときの状態が半永久的に持続します。

続きを見る

料金

20代女性の患者様で、顎関節症があり、歯軋りをすることが悩みとのことでした。
診察させていただいたところ、エラの部分の咬む筋肉(咬筋)が発達しており、顔の下半分の横幅が大きくなっていました。
患者様に、ボツリヌストキシン注射をして、咬筋を萎縮させると、顎関節症の症状や歯軋りが改善し、尚且つ小顔効果もあると説明させていただいたところ、「是非やってみたい」とのことでした。
咬筋の最も肥大している部分を中心にボツリヌストキシンを注射したところ、2~4週間かけて、萎縮していき、すっきりとした小顔になりました。
また、咬筋の緊張がとれたことにより、顎関節の症状や歯軋りもかなり改善しました。

続きを見る

料金

1回
¥165,000(税込)

全院

1回
¥165,000(税込)

銀座

横浜

名古屋

大阪

20代の女性です。骨ではなく、筋肉が張っているタイプでした。ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)1本で、ホームベース型だった輪郭がすっきりシャープなラインになります。 エラ骨切り/削りでは術後1ヶ月くらいは顔が腫れますが、ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)はほとんど腫れがないのがメリットです。また、エラ骨切り/削りより小顔効果が大きいことも魅力です。

続きを見る

料金

この症例の診療科目
ページはこちら

性別
年代
施術カテゴリ
診療科目
上記の施術科目と同時に行った診療科目
ドクター
 

※ 施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※ 当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

施術方法は200種類以上

どんなお悩みでも
ご相談ください

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

  • 【高須クリニック】LINE公式アカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧