顔の施術について

二重まぶた切開法をした後、埋没法で二重の幅を変えることはできるのか?

よくメールのお問い合わせなどで、「過去に切開法で二重を作っているのですが、埋没法で二重の幅を変えることはできますか?」とご質問いただきます。これは非常に難しい質問で、状態によってできる場合とできない場合があるので、以下に詳しく説明します。

まず、切開法の内部処理がどれだけ正しく行われているのかによって、答えが変わってきます。内部処理が正しく行われていれば、切開して作った二重は二重のラインが弱くなったり、二重がなくなってしまうことはありません(高須クリニックで二重まぶた全切開法、ミニ切開法をした方はほぼ全員こちらに当てはまります)。

しかし、内部処理が正しく行われていないと、作った二重が弱くなったり、二重がなくなってしまうことがあります(他院で正しい手術が行われていない人はこちらに当てはまります)。内部処理が正しく行われておらず、二重が完全になくなって元に戻ってしまった人に関しては、二重まぶた切開法をしていない人とほぼ同じ条件で埋没法をすることができます。

内部処理が正しく行われておらず、二重のラインはあるが、弱くはっきりしない人に関しては、埋没法で二重の幅を広げる場合、切開法で作った二重のラインが、埋没法で作った二重のラインの下に少し残ってしまい、三重っぽくなって、綺麗な二重にならないことがあります。

同じような人に対して、切開法で作った二重よりも狭い位置に埋没法を行うことに関しては、切開法で作った二重が非常に弱い場合は、切開法のラインに埋没法のラインが勝ち、三重にならないで、埋没法で作った二重だけになりますが、切開法で作った二重のラインがそこそこ強い場合は、三重になるか、埋没法をする前とほとんど変わらない状態になります。

内部処理が正しく行われていて、綺麗な二重ができている人が、埋没法で二重の幅を広げる場合、一応広げることはできますが、埋没法で作った二重のラインよりも切開法で作った二重が強いため、綺麗なラインにはならず、三重になることが多いです。

同じような人に対して、切開法で作った二重のラインよりも狭い位置に埋没法をする場合は、ほとんど無意味です。切開法で作った二重のラインが強いため、ほとんど変わらないか、切開法で作った二重のラインが汚く崩れるかのどちらかになります。

また、切開法で内部処理が正しく行われている場合も、正しく行われていない場合も、埋没法で二重の幅を変えると、切開法をしていない人に埋没法を行う場合に比べて、埋没法の二重が狭くなっていったり、二重のラインが弱くなって元に戻りやすくなります。それは、埋没法で作った二重が、切開法で作った二重に負けて、埋没法で作った二重がなくなりやすいからです。

以上の理由で、切開法で作った二重の幅を埋没法で変えることはケースバイケースで可能なことはありますが、切開法をしていない人に埋没法をする場合に比べて、埋没法の二重が戻りやすいです。そのため、切開法で作った二重の幅を変えたい場合は、切開法で修正して二重の幅を変えることのほうがお勧めです

症例写真
■二重まぶた・埋没法

(1ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、普段からアイプチをしているため変なクセがついており、二重のラインが安定せず、右目が三重になっており、左目は奥二重で、左右差が目立っていました。
両目のミニ切開法を行い、永久に戻らない左右対称の二重を作ることをご提案しましたが、1週間以上のダウンタイムを取ることができないなどの理由で、両目の埋没法をすることになりました。
右目の三重のラインの上のほうのライン(目を閉じた状態で約8mm)で固定し、それに合わせて左目も同じ位置で固定しました。
術後は右目の三重の下のほうのラインはほとんど消え、左右同じ幅の二重になり、左右差はほとんどなくなりました。
目頭側の二重の幅はやや左右差がありますが、これは元々の蒙古襞の形によるものです。
ミニ切開法+目頭切開をすると更に左右差はなくなり、二重のラインも永久に戻らなくなります。

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

二重まぶた・埋没法

片目 ¥50,000 / 両目 ¥90,000 【全院】

二重まぶた・埋没法(二針固定)

片目 ¥90,000 / 両目 ¥170,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

■二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、元々目を閉じた状態で約5mmの位置に二重のラインがあり、目を開けると狭い末広型の二重でした。
幅の広い平行型二重を希望されていたため、目を閉じた状態で約12mmの位置でミニ切開法で二重を作りました。
この方は元々蒙古襞があまり発達しておらず、まぶたの皮膚が薄くて目ヂカラが強いので、ミニ切開法だけで自然な幅広の平行型二重になりました。
目を開けた状態で二重の幅が約3mmあるので、アイラインを引いてもアイラインの上に肌色の二重の幅がはっきりとあるため、派手なアイメイクがとても映えます。

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

※脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

リスク・副作用・合併症

■二重まぶた・全切開法

(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
術前は完全な一重まぶたで、まぶたの皮膚が厚く、たくさん脂肪が付いており、目の上に重くのしかかっていました。
重たいまぶたがまつ毛の生え際にのっていたため、まぶたが開けずらい状態になって、目が細くなっており、黒目が6割ほどしか見えていませんでした。
また、重いまぶたのため、無意識にまぶたを開けようとして、眉を挙げており、眉から目までの距離が広がっていました。
手術は二重まぶた全切開法で、自然な末広型二重を作りました。
目を閉じた状態で約7mmの位置で切開して、眼窩内脂肪とROOFを切除し、皮膚切除はしませんでした。
術後はまぶたが軽くなったことにより、黒目が約8割見えるようになりました。
また、眉が下がったことにより、眉から目までの距離が狭くなりました。
この方のように、まぶたの皮膚が厚く、蒙古襞が発達している場合は、目を閉じた状態で6~7mm程度の位置で末広型の二重を作ると自然に仕上がります。
無理して幅を広げたり、平行型二重を作ると、ぷっくりとした不自然な二重になることがあります。

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

二重まぶた・全切開法

片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

※脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

リスク・副作用・合併症

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大