顔の施術について

必読!二重まぶた埋没法、切開法のラインや幅のデザインを決めて鏡で確認する際の注意点について

二重まぶた埋没法、ミニ切開法、全切開法をする際、重瞼棒をまぶたに当てて予定の二重のラインを作り、患者様に鏡で確認していただきます。重瞼棒を当てた位置のラインで埋没法の糸を留めるor切開することで、手術の腫れが完全に引いて完成すると、ほぼ鏡で確認していただいた通りの二重のライン、幅になります。重瞼棒をまぶたに当てて、二重のライン、幅を鏡で確認していただく際、非常に重要な注意点がいくつかあります。

鏡でラインを確認していただく基本は、
  • ①頭から背筋まで真っ直ぐに伸ばし、90度直立した姿勢を保つ。
  • ②鏡を自分の顔の真ん前に持って構える。
  • ③中等度の力で目を開けた状態(普段、普通に目を開ける力で開けることで、ニュートラルの状態)にする。
  • ④眉毛を上げないようにする。
の以上4点です。

この4点を厳格に守ってデザインの確認をしないと、手術が終わって腫れが引いて完成した後、希望していた二重の幅より広すぎor狭すぎたりすることがあります。以下に各々について詳しく解説します。

①頭から背筋まで真っ直ぐに伸ばし、90度直立した姿勢を保つ

鏡で確認するとき、頭から背筋まで真っ直ぐに伸ばし、90度直立した姿勢を保たなければなりません。もし、必要以上に顎を引いた状態で鏡で確認すると、下から睨む形で確認することになるので、目を開けた状態での二重の幅が狭く見えてしまいます。そのため、この状態で二重の幅を確認し、デザインして手術をすると、手術後に腫れが引いて完成したとき、想像していた二重の幅より広くなってしまいます。

②鏡を自分の顔の真ん前に持って構える

鏡を自分の顔の真ん前に持って構えなければなりません。もし、鏡を自分の顔を真ん前よりも下に構えて二重の幅を確認すると、見下げた状態の二重を確認することになるので、二重の幅が広く見えてしまいます。そのため、この状態で二重の幅を確認し、デザインして手術をすると、手術後に腫れが引いて完成したとき、想像していた二重の幅より狭くなってしまいます。

③中等度の力で目を開けた状態(普段、普通に目を開ける力で開けることで、ニュートラルの状態)にする

中等度の力で目を開けた状態(ニュートラルの状態)にして鏡で確認しなければいけません。もし必要以上に目力を入れて目を見開いて鏡で確認すると、目を開けた状態での二重の幅が狭く見えてしまいます。そのため、必要以上に目力を入れて二重の幅を確認し、デザインして手術をすると、手術後に腫れが引いて完成したとき、想像していた二重の幅より広くなってしまいます。逆に、目力を入れなさ過ぎて鏡で二重の幅を確認すると、二重の幅が広く見えてしまいます。その状態で二重の幅を確認し、デザインして手術をすると、手術後に腫れが引いて完成したとき、想像していた二重の幅より狭くなってしまいます。

④眉毛を上げないようにする

鏡で確認する際、眉毛を上げないようにしなければいけません。眉毛を上げれば、眉毛につられてまぶたも上がるため、目を開けた状態での二重の幅が広く見えてしまいます。そのため、眉毛を上げた状態で二重の幅を確認し、デザインして手術をすると、手術後に腫れが引いて完成したとき、想像していた二重の幅より狭くなってしまいます。稀に、自分の顔を鏡で見て二重の幅を確認するときに、無意識に眉毛を上げて見てしまう人がいるので、意識して眉毛を上げないようにして確認する必要があります。

これら4点の注意点を守ることは、非常に重要なことです。4点のうち1つでも怠ると、手術が終わって腫れが引いて完成した後、必ず希望していた二重の幅より広すぎor狭すぎたりする結果になってしまいます。自分に一番合った自然な二重の幅、形を医者にまかせる方は、全てこちらでデザインし、患者様には鏡で確認していただくだけで良いので、これらの注意点を厳格に守ることは特に気にしなくても大丈夫です。

自分のなりたい二重の幅、形に非常に細かい希望があり、それを医者に要望する方は、これら4点の注意点を厳格に守っていただく必要があるので、この記事や他の記事を読み、二重まぶたのメカニズムを勉強し、しっかりと理解してから手術を受けることが重要です

症例写真
■二重まぶた・埋没法

(3ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

30代女性の患者様で、幅の広い平行型二重を希望されていました。
診察させていただいたところ、過去に何回か狭いラインで埋没法で二重を作ったとのことですが、左右とも糸が緩んでおり、はっきりしないラインになっていました。
患者様は今回も埋没法を希望されていましたが、幅広い二重を埋没法で作ると、糸が緩みやすく、短期間で幅が狭くなったり、二重のラインが弱くなって、元に戻りやすいので、全切開法をすることをご提案しました。
しかし、諸事情により、埋没法を顔全体モニターでやることになりました。
この方は、やや蒙古襞が張っているため、蒙古襞を乗り越えて、幅の広い二重をつくり、平行型二重になるようにしました。
術後は、ほぼ患者様の希望通りの形の二重になりましたが、数ヶ月のスパンでだんだん糸が緩んで、幅が狭くなったり、二重のラインがはっきりしなくなっていくことが予想されます。
今度二重の手術をするときは切開法をするのが良いということもお伝えました。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

二重まぶた・埋没法

片目 ¥50,000 / 両目 ¥90,000 【全院】

二重まぶた・埋没法(二針固定)

片目 ¥90,000 / 両目 ¥170,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

■二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、以前に当院で埋没法で二重まぶたを作ったのですが、数年経過して糸が緩んで、二重の幅が狭くなってしまい、ほぼ元の目に戻ってしまいました。
もう元に戻ってしまって何度も手術をやり直すのは嫌ということでしたので、ミニ切開法で元に戻らない二重を作ることになりました。
自然ですっぴんでも整形っぽくない二重を希望されていたので、不自然に蒙古襞を乗り越えないように二重幅が広すぎない末広型の二重を作りました。
手術時に前回の埋没法の糸は除去し、適度に眼窩内脂肪を除去しました。
皮膚切除、ROOF切除はしませんでした。
この方は元のまぶたの皮膚が厚いのですが、無理して二重の幅を広げず、下のほうの皮膚の薄いところで二重のラインを作ったため、目を閉じたときの切開線の傷跡が食い込んだり窪んだりすることなく、ほぼ平らになり、ほとんど目立たない傷跡になりました。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

※脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

リスク・副作用・合併症

■二重まぶた・全切開法

(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、まぶたの皮膚が分厚い奥二重まぶたで、適度に蒙古襞が発達しており、まぶたの開きは平均くらいでした。
患者様は平行型二重を希望されていたのですが、平行型二重を作るためには、蒙古襞を乗り越えて幅の広い二重を作らなければなりません。
この方のように皮膚が分厚いまぶたに幅の広い二重を作ると、上のほうのより分厚い皮膚が折れ曲がり、厚ぼったさが強調され、食い込みの強い不自然な二重になってしまいます。
この方のまぶただと、幅の狭い末広型二重が最も自然で似合うため、私は末広型二重を勧めたのですが、結局、わずかに二重の幅が見える程度の末広型と平行型の中間くらいの二重にすることになりました。
手術は二重まぶた全切開法を行い、眼窩内脂肪とROOFを適度に切除し、皮膚切除は行いませんでした。
術後は予定通り、目頭側にわずかに二重の幅が見える程度の末広型と平行型の中間のような二重になりました。

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

二重まぶた・全切開法

片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

※脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

リスク・副作用・合併症

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大