顔の施術について

二重まぶた埋没法、切開法など目元の手術をして、眼球や視力に影響がでたり、失明することはあるのか?

二重まぶたや眼瞼下垂のカウンセリングをしていると、時々患者様から、「二重まぶた全切開法を受けたいのですが、視力に影響がでたりすることはありますか?」「二重まぶた埋没法をしたいのですが、失明したりすることにありませんか?」などのご質問をいただきます。

私の答えは、「正しい手術をする限り、眼球に悪影響がでて、視力が低下したり、失明したりすることはありませんのでご安心ください」です。

高須クリニックで行う目元の手術、治療には以下のものがあります。

  • 二重まぶた埋没法
  • 二重まぶたミニ切開法
  • 二重まぶた全切開法
  • 眼瞼下垂手術
  • 目頭切開
  • 目尻切開
  • タレ目形成
  • 蒙古襞形成、目頭切開の修正
  • 上まぶたたるみ取り
  • 目の下のたるみ取り
  • 上まぶた脂肪取り
  • 目の下の脂肪取り
  • 上眼瞼リフト(眉下切開での上まぶたたるみ取り)
  • 逆さまつ毛修正手術
  • 涙袋ヒアルロン酸注射
  • まつ毛植毛

これらの手術、治療は、いずれも、眼球に直接針を刺したり、メスを入れたりなどの操作をすることはありません(眼球を弄る手術ではありませんので)
また、よほど未熟な医者、手先が不器用な医者でない限り、誤って眼球に針を刺してしまったり、メスやハサミで操作してしまうことはありません。高須クリニックでは、大学卒業したての医者、研修医、研修医が終わったばかりの医者、形成外科や美容外科未経験の医者は採用しておりません。

症例写真
■目頭切開で目を内側に大きくし平行型二重を際立たせた症例写真


(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、目頭切開を希望されていました。
この患者様は、以前に二重まぶた全切開法で平行型二重を作っていましたが、やや蒙古襞が発達しており、目と目の間隔が広めでした。
目と目が離れているため、どことなく子供っぽい印象だったので、目頭切開をして、蒙古襞のつっぱりを解除し、目を内側に広げ、平行型二重を際立たせることになりました。
手術はZ法に準じて行い、目頭が斜め下方向に尖った形をキープしつつ、内側に1.5mmずつ目が大きくなるようにしました。
術後は程よく目が内側に大きくなったことにより、子供っぽい印象から大人っぽい印象になりました。
また、目頭切開をしたことにより、蒙古襞のつっぱりが解除され、目頭側の二重の幅が少し広がり、平行型二重がより際立つようになりました。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

目頭切開

片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

■目頭切開+目尻切開+タレ目形成+眼瞼下垂手術で目を一周り大きくした症例写真


(2ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様です。
目が小さいのが悩みで、全体的に目を大きくしたいというご希望でした。
診察したところ、一重まぶたで、まぶたの開きが悪く、蒙古襞が発達しており、目と目の間隔が広く、ややつり目で、目の横幅が狭いという状態でした。
目頭切開、目尻切開、タレ目形成、眼瞼下垂手術を同時に行い、目を一周り大きくすることになりました。
目頭切開はZ法で約2mmずつ内側に広げ、目頭の形が綺麗に尖るようにしました。
目尻切開は内田法に準じたデザインで行い、目尻を最大限外側に広げたところ、約1.5mmずつ広がり、尚且つ、目尻が上下にも広がるようにもしました。
タレ目形成は内部処理を行い、約2mm下まぶたの外側を下げ、皮膚の切除(一番幅のあるところで約3mm)も行いました。
眼瞼下垂手術は平行型二重になるようにデザインして行い、黒目が約8割程度出るように、挙筋腱膜を瞼板に前転固定しました。
眼窩内脂肪は少量切除しましたが、ROOFは切除していません。
上まぶたの皮膚は切除していません。
術後は目が内側、外側、上方、下方に広がり、一周り大きくなりました。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

目頭切開

片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

目尻切開

片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術)

片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

眼瞼下垂(がんけんかすい)

片目(通常の手術の場合) ¥350,000 / 両目(通常の手術の場合) ¥700,000 / 片目(筋膜移植の場合) ¥550,000 / 両目(筋膜移植の場合) ¥900,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大