症例写真

目頭切開Z法で、形を尖らせたまま2mm弱ずつ内側に広げた症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、目頭切開を希望されて来院されました。
診察させていただいたところ、眼球自体がやや小さめであり、眼球がついている眼窩(眼球を入れている骨の枠組みの部分)がやや外側気味にあるタイプの骨格でした。
そのため、目の横幅が小さく、目と目の間隔も広めでした。
目頭切開Z法で、目頭を軽く尖らせたまま、2mm弱程度ずつ内側に広げました。
手術後は程よく自然な範囲内で目が内側に大きくなり、手術前に比べて華やかでバランスの良い目元になりました。
この患者様のように、眼球のついている位置自体が外側気味の場合、目頭切開で、目の横幅と、目と目の間隔の比率を1:1:1にしてしまうと、涙丘丸見えで外斜視気味の異様な願望になってしまうことがあります。
この患者様はこのデザインで手術するのがベストだと思われました。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
やや目と目の間隔が広いです。
目頭切開Z法で目を内側に2mm弱ずつ広げることになりました。
手術直後
手術直後です。
皮膚が白くなっているのは局所麻酔注射液に含まれる血管収縮剤によるものなので、2~3時間で元に戻ります。
6日後
6日後です。
抜糸をしました。
抜糸した翌日からアイメイクしていただいて大丈夫です。
3週間後
3週間後です。
まだ傷跡の赤みがわずかにあります。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
傷跡の赤みはほぼ消えています。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

    ※効果には個人差があります。

    文字サイズ
    小 中 大