女性
  • 施術方法

    蒙古ひだ形成・目頭切開後の修正

    • 症例写真,他院で目頭切開を受けた後、蒙古襞形成で修正手術した症例写真,Before,ba_hida008_b01.jpg

      Before

    • 症例写真,他院で目頭切開を受けた後、蒙古襞形成で修正手術した症例写真,After(6ヶ月後),ba_hida008_b01.jpg

      After(6ヶ月後)

    高須幹弥医師からのコメント

    担当医からのコメント

    高須幹弥 医師

    当院に来院される6ヶ月以上前に他院で目頭切開を受けている患者様です。
    今回、修正手術目的で当院に来院されました。
    目頭切開を受けたことによって、不自然でバランスが悪くなってしまったので、自然に治したいということと、傷跡が汚くて目立つので綺麗にしてほしいというご要望でした。
    診察させていただいたところ、目頭切開のデザイン、術式は不明ですが、恐らく、W法(内田法)に準じたデザインでやっているようで、目頭の形が丸くぱっくり開いて、涙丘(目頭側の赤い粘膜が盛り上がっている部分)が丸見えになっている不自然な状態になっていました。
    傷跡はWの字かVの字かはっきりわからない状態でしたが、大きく汚く残っていました。
    蒙古襞形成手術を行えば、丸くぱっくり開いた不自然な目頭の形を修正することは可能ですが、傷跡を確実に綺麗にすることは見込めない状態でした。
    患者様には、「傷跡を今より綺麗にすることは約束できないが、目頭の形を自然にすることはできる」ということをお話しし、手術することになりました。
    手術は、逆Z法で行い、目頭の皮膚でフラップ(皮弁)を作成して、蒙古襞を形成し、約1.5mm程度ずつ涙丘を隠すようにしました。
    術後は目頭の先端が適度に尖った丸い形の蒙古襞ができ、自然な印象になりました。

  • 料金

    蒙古ひだ形成・目頭切開後の修正
    片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000【東京、横浜、名古屋、大阪】

  • リスク・副作用・合併症

    蒙古ひだ(蒙古襞)形成・目頭切開後の修正 内出血(術後)仕上がりのわずかな左右差(完璧なシンメトリーは不可)仕上がりが完璧に自分の理想の形にならないことがある

術後の経過

手術前

症例写真,他院で目頭切開を受けた後、蒙古襞形成で修正手術した症例写真,手術前,mainpic_hida008a.jpg

手術前です。
6ヶ月以上前に他院で目頭切開を受けています。
蒙古襞形成で修正手術することになりました。

手術直後

症例写真,他院で目頭切開を受けた後、蒙古襞形成で修正手術した症例写真,手術直後,mainpic_hida008b.jpg

手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で多少腫れています。
腫れのせいで突っ張っている感じがありますが、腫れが引くと治るので心配ありません。

1週間後

症例写真,他院で目頭切開を受けた後、蒙古襞形成で修正手術した症例写真,1週間後,mainpic_hida008c.jpg

1週間後です。
抜糸をしました。
大きな腫れはありません。
アイメイクは抜糸した翌日から可能です。

3週間後

症例写真,他院で目頭切開を受けた後、蒙古襞形成で修正手術した症例写真,3週間後,mainpic_hida008d.jpg

3週間後です。
まだ多少傷跡が目立ちます。

3ヶ月後

症例写真,他院で目頭切開を受けた後、蒙古襞形成で修正手術した症例写真,3ヶ月後,mainpic_hida008e.jpg

3ヶ月後です。
まだ完成ではありません。

6ヶ月後

症例写真,他院で目頭切開を受けた後、蒙古襞形成で修正手術した症例写真,6ヶ月後,mainpic_hida008f.jpg

6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。

施術方法は200種類以上

どんなお悩みでも
ご相談ください

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

受付時間:9:30〜22:00(日・祝日は21時まで)
診療時間:10:00〜19:00