修正のプロが、満足のいく仕上がりにリメイク

美容整形には、高度な技術に加え、美しく仕上げるセンスが必要です。そのため、術後に不満をかかえてしまう方も多くいます。 他院で受けたリフトアップ術やしわ取り術で後悔している方は、一人で思い悩まずにぜひ相談を。しっかりとカウンセリングを行い、一人ひとりの状態と希望に合わせて、治療方法をご提案します。

施術料金

他院で受けた手術の修正(美容皮膚科)美容整形外科手術の修正

診察にてご確認ください

【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症について

他院で受けた手術の修正(美容皮膚科)

施術後の解説動画

他院で失敗したヒアルロン酸を溶かすために、ヒアルロニダーゼを注射している施術動画です。

この動画を見た方はこんな動画も見ています

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

症例のご紹介

他院で法令線にヒアルロン酸注射をしてミミズ腫れになり、ヒアルロニダーゼで溶解させた症例写真

  • Before

  • After(1週間後)

  • Before

  • After(1週間後)

高須 幹弥 医師

担当医からのコメント

高須 幹弥 医師

30代女性の患者様で、他院で安価なヒアルロン酸を左右のほうれい線に注射し、左側がミミズ腫れ状になり、不自然になっていたので、ヒアルロン酸分解酵素であるヒアルロニダーゼを注射しました。
当院のヒアルロニダーゼを注射すると、12~24時間程度でほとんどのヒアルロン酸は溶解してなくなります。
極細の注射針を使用するため、腫れはほとんど出ません。
1週間後に検診で来院されたときにはほとんど元通りになり、不自然さはなくなっていました。
現在、日本国内には様々なヒアルロン酸が出回っており、質の良い物もあれば安価で質の悪い物もあります。
異常に安い美容外科で、質の悪いヒアルロン酸を下手に注射されてしまうと、良くない結果になり、修正に費用がかかってしまうため、結果的に余計に費用がかかってしまいます。
高須クリニックでは、質の良いヒアルロン酸をベテランの医者が丁寧に注射させていただきます。
因みに、ヒアルロニダーゼも質の良いものと悪いものがあり、質の良いものは1回の注射で、ほとんどのヒアルロン酸を溶解することができますが、質の悪いものだと、ヒアルロン酸を溶解する力が弱いため、何回も注射する必要があることがあります。
高須クリニックではヒアルロニダーゼも質の良いものを使用しておりますので、心配ありません。

高須のこだわり

  • 手術後、注射後などの腫れを引かせる漢方薬「治打撲一方」について

    高須 幹弥 医師
    高須 幹弥 医師

    当院では、手術後や注射後などの腫れを早く引かせる漢方薬「治打撲一方(ヂダボクイッポウ)」を常備しております(現在は名古屋院でのみ常備)。
    治打撲一方は、元来、その名が示すよう、打撲の治療に用いる内服薬であり、江戸時代中期の医者香川修庵によって考えられた薬です。
    患部の血行をよくするとともに、腫れや痛みをやわらげる効果があります。
    打撲以外にも、外科手術後の腫れや痛みに対しても一般的に使われており、美容整形の手術や注射などの後にも使用することができます。

    【治打撲一方の成分】

    漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。

    治打撲一方の構成生薬は下記の7種類です。

    ・桂皮(ケイヒ): クスノキ科カツラの木の樹皮を乾燥させたもの。薬効は、体を温め、痛みを止め、血行を改善する作用があります。

    ・川芎(センキュウ): セリ科センキュウの根茎を乾燥させたもの。薬効は、血液循環をよくし、痛みを止める作用があります。

    ・川骨(センコツ): スイレン科コウホネの根茎を乾燥させたもの。薬効は、血液循環と水分の循環をよくし、内出血を治す作用があります。

    ・甘草(カンゾウ): マメ科カンゾウの根を乾燥させたもの。薬効は、消化を整え、痛みを止める作用があります。

    ・大黄(ダイオウ): タデ科ダイオウの根茎を乾燥させたもの。薬効は、便通をよくし、血行を改善する作用があります。

    ・丁子(チョウジ): フトモモ科チョウジノキの蕾。薬効は、腹を温め、痛みを止める作用があります。

    ・撲樕(ボクソク): ブナ科クヌギの樹皮を乾燥させたもの。薬効は、皮膚の排膿を促す作用があります。

    桂皮と丁子は発散性の生薬で、患部の熱や痛みを発散して治します。
    大黄と樸樕には収斂作用があり、熱や腫れを冷ます効果が期待できます。
    そのほか、血液循環をよくする川芎、止血作用の川骨、緩和作用のある甘草などが配合されます。
    これらの成分が一緒に働くことで、相乗作用があり、よりよい効果を発揮します。

    用法

    通常、朝昼夕の3回、1包2.5gずつ、食前又は食間に経口服用します(1日3包内服するということです)。
    主に手術後の腫れの強い間に内服します(手術後3日~2週間程度のことが多いです)。
    手術、注射などの治療後に服用を希望される方に処方させていただきます。

    料金

    1包 : \100【名古屋】

  • 内出血を早く引かせる薬「ケラスキンクリーム」

    高須 幹弥 医師
    高須 幹弥 医師

    高須クリニックでは、内出血を早く引かせる薬「ケラスキンクリーム」を常備しています(現在は、名古屋院、大阪院で常備)。

    主成分は、ラクトフェリンをナノ脂質(リポソーム)に封入したもので、皮膚に浸透しやすく、お肌に優しいクリームです。
    ラクトフェリンとは、母乳・涙・汗・唾液などの分泌液に含まれる鉄結合性の糖タンパク質です。
    内出血は、赤血球中のヘモグロビンに含まれる鉄の色が大きな素ですが、ラクトフェリンは鉄と結合して排出する作用(鉄キレート作用)が非常に強く、内出血の色を早く消す効果があります。

    また、ラクトフェリンには抗炎症作用や、抗菌作用、抗酸化作用もあり、メタロプロテアーゼ(細胞外マトリックスを分解する酵素)に対するキレート作用もあります。
    サイトカインの過剰な産生を抑制し、炎症部位における白血球の過剰な動員および活性化を阻害する状態になり、内出血の回復に効果が期待されます。
    当院では、ヒアルロン酸やボツリヌストキシンなどの注射による治療の際、極細の注射針を使用し、細心の注意をはらい、治療しているため、内出血は起こりにくいのですが、体質などの理由により、稀に起こってしまうことはあります。

    目元の手術やエイジングケア手術などでも内出血が生じてしまうことはあります。
    内出血が生じてしまうと、通常、治まるまでに1週間程度かかり、長い場合は2週間程度かかってしまうこともあります。
    その場合、ケラスキンクリームを用いることにより、早く内出血を引かせることができます。

    使用方法

    1日2回、患部の皮膚に塗布し、指で優しくマッサージします。
    1回につき約0.15ml使用しますが、部位によって適宜増減し、調整します。
    薬を塗布し、皮膚に吸収された後、メイクをしていただくことができます。
    手術後の縫合してある傷の部分にケラスキンを塗布することも可能です(抜糸する前の糸がついている傷に塗布することが可能ですが、糸がついている状態の傷にメイクすることは勧めていません)。

    料金

    5ml : \2,000【名古屋、大阪】

他院で受けた手術美容整形外科手術の修正についてよくあるご相談

他院で受けた手術美容整形外科手術の修正についてのよくあるご相談をまとめました。

サーマクールFLXRF高周波エネルギーシステムの修正】

サーマクールFLXRF高周波エネルギーシステムを受けましたが、ほとんど効果を感じません。こんなものなのですか?

服部 良光医師

服部 良光 医師

サーマクールRF高周波エネルギーシステムはどんどん進化しているので、古いタイプの機器だったのかもしれませんね。例え最新のものを使っていたとしても、医師の技術に問題があったということも考えられます。医師ではなく、看護師や事務員などが施術するという医院もあります。当院では、担当の医師が責任を持って施術いたします。最適なエネルギーで、心を込めて丁寧にすみずみまで施術しますので、効果を実感していただけるはず。また、サーマクールFLXRF高周波エネルギーシステム以上の効果が出せるウルセラシステム焦点式(ハイフ)超音波システムも用意しています。次回は必ず、期待通りの結果を手に入れてください。

【糸を使ったリフトアップ術の修正】

皮膚にくぼみや引きつり、しかも左右差が。平らな肌に戻せますか?

高須 敬子医師

高須 敬子 医師

糸のリフトアップは、メスを使う施術よりも気軽に受けていただけますが、実はとても技術を必要とするもの。技術のある医師が正しい材料を使って正しい手術を行えば、くぼみ、引きつり、左右差etc.は起こらないのですが、リフトアップ効果を高めようと無理して引っ張ったりすると、くぼみやひきつりの原因に。その人の肌状態に合わせて丁寧に施術しないと、なめらかな仕上がりにはならないのです。
糸が溶ける素材なら、半年から1年ほどで徐々に目立たなくなっていきますが、溶けない素材なら、ずっと今の状態が続いてしまうことになります。
小さな穴を開けてそこから抜くことができなければ、一部切開して取り除きます。それでも完全には除去できない場合もあるのですが、くぼんだ部分にヒアルロン酸を注入したり、サーマクールFLXRF高周波エネルギーシステムウルセラシステム焦点式(ハイフ)超音波システムなどで引きつりを目立たなくしていく方法も。その方の状態とどこまで修正したいかによって、可能な限りのことをさせていただきます。

【フェイスリフトの修正】

傷跡や引きつりが気になります。自然な状態に治せますか?

日下志 厳医師

日下志 厳 医師

フェイスリフトは高い技術を要する手術ですが、丁寧に切開して縫合すれば、こうした問題は起こりません。医師の技量が低く、切開の位置や切除する皮膚の量を誤ってしまうと、耳たぶが引きつるようなことが起こります。
しっかり修正するなら、技術力のある医師でもう一度フェイスリフトをして、傷跡や引きつりを修正すること。そこまでの再手術はイヤだという場合は、傷跡修正のみで目立たなくしていくこともできます。

フェイスリフトを受けたのに、すぐに戻ってしまいました。

高須 克弥医師

高須 克弥 医師

経験の浅い医師が行うと、あまりリフトアップしなかったり、手術直後はアップしたように見えていても、すぐに後戻りしてしまいます。フェイスリフトはリフトアップ術の中でも最も効果が出せる手術。技術力の高い医師がしっかり丁寧に手術すれば、満足のできる結果になるはずです。当院ではリガメント法という後戻りしにくい方法で、しっかりと皮膚を固定。半永久的なリフトアップを実現しています。
もう手術はしたくないという場合は、ウルセラシステム焦点式(ハイフ)超音波システムサーマクールFLXRF高周波エネルギーシステムという方法もあります。

【ヒアルロン酸注入の修正】

注入した部分が、凹凸に。なめらかな肌に戻せますか?

清水 弘己医師

清水 弘己 医師

顔専用の高密度なヒアルロン酸を注入しないと、凹凸になってしまうことがあります。ヒアルロン酸に問題がなかったとしても、皮膚のうすいところに雑に注入すると同じようなことが起こります。表面をなめらかに仕上げるには、少しずつ丁寧に注入しなければいけないのです。
ヒアルロン酸はやがて吸収されるので、数ヶ月~数年もすれば凹凸もおさまってくるでしょう。それが待てないという場合は、ヒアルロン酸を分解するヒアルロニダーゼを打てば2~3日での元の状態へ。その後、ご希望なら再施術を行います。

施術方法は200種類以上

どんなお悩みでも
ご相談ください

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

受付時間:9:30〜22:00(日・祝日は21時まで)
診療時間:10:00〜19:00