症例写真

上眼瞼リフト+二重まぶた全切開法に準じた上まぶたたるみ取りを行った症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

50代後半の女性患者で、上まぶたのたるみをとって綺麗な二重まぶたにしたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、元々二重のラインはあったようなのですが、加齢により上まぶたの皮膚が被さり、黒目の真上から目尻側にかけてが奥二重の状態になっていました。
特に外側の皮膚の余りが非常に多いため、二重まぶた全切開法に準じて二重のラインで余分な皮膚のたるみを切除する上まぶたたるみ取りだけでは改善が見込めず、上眼瞼リフト(眉下切開での上まぶたたるみ取り手術)も併用して行うことになりました。
元の二重のラインよりも1mm上で切開し、そのラインより頭側の皮膚を約3mmの幅で切除し、新たに二重のラインを作成しました。
その際、余分な眼窩内脂肪とROOFを適量切除しました。
上眼瞼リフトは眉毛の生え際で余分な皮膚を最大幅約12mmで切除し、その下の皮下脂肪も合わせて切除しました。
術後は、程よく二重の幅が目頭側から目尻側まで見えるようになり、まぶたのたるみも改善されました。
この患者様のように、まぶたのたるみが大量にある場合、二重のラインでの上まぶたたるみ取りや上眼瞼リフトを単独で行うよりも、併用して行うほうが自然で綺麗な目になることが多いです。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
上眼瞼リフト+二重まぶた全切開法に準じた上まぶたたるみ取りを同時に行うことになりました。
手術直後
手術直後です。
眉下での皮膚切除、皮下脂肪切除、二重のラインでの皮膚切除、眼窩内脂肪切除、ROOF切除など全てを行ったため、腫れが強く出ています。
手術翌日
手術翌日です。
やはり腫れが強く出ています。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
内出血が赤紫色~黄色く出ています。
この内出血はあと1週間程度で大部分が引きます。
3週間後
3週間後です。
内出血は完全に引いています。
まだわずかな腫れは残っています。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

    ※効果には個人差があります。

    文字サイズ
    小 中 大