※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

症例写真

頬、顎下の脂肪吸引をし、下膨れの顔の輪郭が改善した症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、顔の脂肪をとりたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、体型的に特別太っている方ではなかったのですが、頬、フェイスライン、顎下に比較的多めに皮下脂肪がついており、そのせいでやや下膨れの輪郭をしてらっしゃいました。
この程度の皮下脂肪の量であれば、顔の脂肪溶解注射と脂肪吸引のどちらも適応がありますが、しっかりと効果を出す場合、脂肪吸引のほうがトータルの料金がやや安くなり、治療する期間も短くて済むため、脂肪吸引をすることになりました。
手術は、局所麻酔下に、もみ上げの有髪部内、耳たぶの付け根、首に2mm程度の穴をあけ、直径1.6mmの顔の脂肪吸引専用のカニューラで、頬~フェイスライン~顎下の脂肪を程よく吸引しました。
顔の脂肪吸引は、特に頬の部分は、脂肪をとりすぎると頬が痩けて窶れた顔貌になるなどのリスク、副作用があるため、そうならない程度に丁度よい量の脂肪を吸引しました。
手術後は、頬~フェイスラインの皮下脂肪の量が程よく減り、輪郭がすっきりして小顔になりました。
下膨れの印象も改善しました。
また、顎下の皮下脂肪が減ったことにより、二重顎も目立たなくなりました。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について
料金

脂肪吸引(頬、あご)

頬 ¥280,000~420,000 / あご ¥280,000~420,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

リスク・副作用・合併症
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

■術後の経過:正面

手術前
手術前です。
顔全体に皮下脂肪がたくさんついています。
特に頬~フェイスライン~顎下にたくさんついているため、下膨れの輪郭になっています。
頬~フェイスライン~顎下の脂肪吸引をすることになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射やチュームセント液などの影響で、顔全体が大きく腫れています。
しかし、腫れのほとんどは局所麻酔液やチュームセント液の注入によるものなので、1日で吸収されて、腫れの大部分は引いてしまいます。
同時に、目頭切開、目尻切開、タレ目形成(グラマラスライン)、二重まぶた全切開法、鼻先の耳介軟骨移植、鼻柱の耳介軟骨移植も行っているので、目の周りや鼻も腫れています。
6日後
6日後です。
抜糸をしました。
だいぶ腫れは引いていますが、まだ腫れは残っています。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。
顔が一回り小さくなり、下膨れの印象が改善しました。

■術後の経過:横

手術前
手術前です。
手術直後
手術直後です。
6日後
6日後です。
6ヶ月後
6ヶ月後です。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大