申し訳ございません。指定いただいたページが存在しないか、ページが削除されている可能性があります。
高須クリニックトップページより、目的のページをお探しください。
高須クリニックのトップページはこちらです

ボトックス注射(ボツリヌストキシン注射)に対しお客様から多くいただく質問には、

  • どのような効果がありますか?
  • 持続時間はどのくらいですか?
  • 副作用などの注意点を事前に確認しておきたいです。

などの不安や期待に対する内容が多い傾向にあります。

ボトックス注射(ボツリヌストキシン注射)は顔のシワや小顔だけでなく全身の様々な悩みに対してもアプローチできます。多く寄せられる疑問についてまとめましたのでご確認下さい。

ボトックス注射(ボツリヌストキシン注射)とは?

ボトックス注射(ボツリヌストキシン注射)とは、ボツリヌス菌が産生するたんぱく質のボツリヌストキシンを利用した治療法です。

「ボトックス」というのは米国のアラガン社が販売しているボツリヌストキシンのブランド名です。

このボツリヌストキシンには筋肉の動きに影響する神経を麻痺させる作用があります。

そのため、例えば表情筋の影響でシワが目立つ状況であれば、ボトックス注射(ボツリヌストキシン注射)により筋肉の緊張がほぐれ、シワの軽減に期待がもてます。

この特性を利用することで顔のシワだけでなく肩凝りや美脚、歯ぎしりなど意外な悩みにもアプローチが可能な治療となります。

※「ボトックス」はアラガン社の登録商標です。

ボトックス注射(ボツリヌストキシン注射)による効果

ボツリヌストキシン注射は具体的にどのような効果 があるのかをご紹介します。
多くの方はエイジングケアをイメージされますが、実際には幅広い悩みにアプローチできます。

  1. 眉間の縦ジワ、額の横ジワ、目尻のシワ、鼻根部の横ジワ、唇の縦ジワ、顎の梅干ジワなどのシワ治療
  2. ガミースマイルの治療
  3. 下がっている口角を挙げる治療
  4. 目尻を下げて、タレ目っぽく目を大きくする治療
  5. 顔面神経麻痺で、健側(麻痺していない側の顔)の過緊張を緩める治療
  6. エラを細くする治療
  7. ふくらはぎを細くする治療
  8. 肩をほっそりさせる治療
  9. 肩凝りの治療
  10. 顎関節症、歯軋りの治療
  11. 額、顔、ワキ、手のひら、足の裏などの汗を止める治療

表情じわ

額 眉間 目尻 鼻根 上くちびるの縦皺 あごのしわ

注射1本、5分程で施術が完了するのが魅力。切らない整形の代表選手・注射式しわ取り。

その中でも、額の横じわ、眉間の縦じわ、目尻の笑いじわなど、表情のくせによる頑固なシワに効果的なのが、『ボツリヌストキシン注射(シワ取り)』です。

表情筋の過剰な動きを和らげることでしわの原因そのものを断つのが、ボツリヌストキシンの特徴。すでにあるしわを目立たなくするのはもちろん、将来のしわまで予防することが可能です。

効果は個人差もありますが、半年程度。繰り返し注射を行うことで筋肉そのものの働きが弱まり、持続期間が長くなったり、効果が倍増していきます。

ガミースマイル修正

笑ったときに歯茎が大きくのぞいてしまうのが、『ガミースマイル』。

どんなにキレイな顔立ちや歯並びでも、歯茎が目立ってしまっては、気になってなかなか思い切り笑うことができません。

ガミースマイルの治療で一般的なのは、耳介軟骨を移植する手術とボツリヌストキシン注射の2つ。

特に注射だけで完了する『ボツリヌストキシン注射(ガミースマイル修正)』は、メスを入れるのに躊躇している方でもトライできる施術です。効果の持続期間は半年程。

繰り返し打つことで、効果の持続期間が長くなっていくことが期待できます。

口元(口角を上げる)

口角の高さは、口角を引き上げる筋肉と引き下げる筋肉が関係しています。

このうち、口角を引き下げる筋肉口角下制筋にアプローチするのが『ボツリヌストキシン注射(口角を上げる)』です。

筋肉の緊張を和らげるボツリヌストキシンを注入して口角が下がるのを抑えます。そして口角下制筋の緊張が緩んだ分、口角が自然に持ち上がるのです。

フェイスライン、口角リフト

フェイスラインがたるみ、口角が下がると老けて見えたり、疲れて見えたり。さらには不機嫌な印象を与えてしまうことも。

少しだけリフトアップしたい、もう少しフェイスラインをスッキリさせたい場合に最適なのが、『ボツリヌストキシン注射(フェイスライン・口角リフト)』です。

施術は、筋肉の動きを和らげるボツリヌストキシンを、下方向にたるむ原因になっている箇所へ直接注入するというもの。注射1本打つだけなので、約10分で終了します。

また、マリオネットライン辺りの部位に打てば、表情が固まることなく、自然にフェイスラインや口角がリフトアップしていきます。

目元(目を下に大きくする、垂れ目形成)

眼輪筋 眼輪筋

いつの時代も人気がある垂れ目メイク。癒し系の優しい目の表情が、人気の秘密です。そしてこちらも昔から変わらない人気なのが、大きくはっきりとした目。この垂れ目と目を大きくするという希望を同時に叶えてくれるのが『ボツリヌストキシン注射(目を下に大きくする、垂れ目形成)』です。

目の周りにある眼輪筋というリング状の筋肉、この下まぶたの部分に筋肉の緊張を和らげるボツリヌストキシンを注射。筋肉が弛緩することで下まぶたのラインが下がり、目の面積も広がります。

眼輪筋の緊張を弛緩させて下まぶたのラインを下げるため、施術したこと気づかれにくく自然な垂れ目になります。

大きく印象を変えたい、また半永久的な効果を望まれるのであれば、タレ目形成(下眼瞼下制術、グラマラスライン)などの手術の方法もあります。

エラ、プチ小顔術

エラが張っている原因には、骨そのものが突き出ている場合と、筋肉が必要以上に発達している場合があります。グッと奥歯を噛み締めたときに耳の下にふくらみが出るなら、奥歯を噛み締める咬筋が発達し過ぎてエラが張っている証拠。このタイプのエラ張り顔を改善するのに最適なのが、『ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)』です。

施術は、筋肉の動きを和らげるボツリヌストキシンを、エラ張りの原因となる咬筋に直接注入するというもの。注射1本打つだけなので、約10分で終了します。術後、約3週間~4週間後くらいから、ダイエットに成功したように徐々にシャープになり、やがてほっそりとしたフェイスラインに。効果は半年~1年程(個人差あり)で、繰り返し注射することで持続時間が長くなり、筋肉そのものも縮小していきます。

また、ボツリヌストキシンを注射することで咬筋の緊張が緩和されることから、顎関節症や歯ぎしりを改善する効果もあります。

ふくらはぎ、足やせ、美脚

ふくらはぎについたムキムキの筋肉は美脚の敵。けれども、エクササイズや食事制限ではなかなか思うようにケアすることができません。

そこで、ボツリヌストキシンを脚に注射することで一時的に足の筋肉を使わなくさせ、ごく自然にほっそりとした脚にするのです。

ふくらはぎにボツリヌストキシンを注射するだけなので、施術は約10分。ほどよい筋肉を残したスラリとした足が手に入ります。

効果は個人差もありますが、半年~1年程度。繰り返し注射を行うことで筋肉そのものの働きが弱まり、持続期間が長くなったり、効果が倍増していきます。

肩こり、首こり

『ボツリヌストキシン注射(肩こり・首こり)』は、主に肩凝りを起こしている原因の筋肉である僧帽筋や頸椎の両サイドを走る筋肉にボツリヌストキシンを注射します。

早い人だと注射してから2〜3日くらいで徐々に効果が現れてきますが、平均すると、だいたい1週間くらいで完全に効果が現れます。

美人肩

加齢などによって肩の筋肉が張るとモッサリしたシルエットになります。

肩のラインが下がるとスッキリした見た目になります。

洋装でも和装でも、着こなしに大きく影響するのが肩のライン。特に結婚式などで肩が大きく開いたドレスなどを着る時は、ほっそりとした女性らしいラインが決め手になります。

筋肉が大きく盛り上がっていたり、左右のバランスが悪い人に、ぜひ注目してほしいのが、『ボツリヌストキシン注射(美人肩)』。

ボツリヌストキシンを肩の背中側にある僧帽筋(そうぼうきん)という大きな筋肉に注射し一時的に肩の筋肉を使わなくさせることで、ごく自然に肩をほっそりとさせます。

歯ぎしり・顎関節症

ボツリヌストキシン注射は、奥歯を噛み締める筋肉である咬筋にボツリヌストキシンを注入し、咬筋を萎縮させることによってエラの張りをとり、小顔にする治療です。

この治療は、咬筋の緊張が緩和されるため『顎関節症』の対症療法の1つになります。

また、顎関節や周辺の筋肉にかかる負担を軽減することで『歯ぎしり』も改善されます。

額、頭、顔の多汗症

多汗症の治療には様々なものがありますが、額・頭・顔などに対して効果が高いと人気なのが『ボツリヌストキシン注射』。ボツリヌストキシンによって汗のもととなるエクリン腺の働きを衰えさせ、汗量を軽減させる治療です。

注射を打つだけなので、施術時間が5分程と短く、大きな腫れなどが出ないのも特徴。

効果は、半年~1年(個人差あり)程持続します。また、繰り返し注射を行うことでエクリン汗腺が徐々に萎縮し、持続期間が長くなったり、効果が倍増していきます。

ボトックス注射(ボツリヌストキシン注射)の症例写真

表情じわを消し張りを取り戻した症例

  • Before

  • After

注射式シワ取り ボツリヌストキシン注射

¥55,000(税込)
眉間 ¥55,000(税込)
目尻 ¥55,000(税込)
口周り ¥55,000(税込)
鼻の根元ジワ ¥55,000(税込)
あごの梅干しジワ ¥55,000(税込)

【全院】

ボツリヌストキシン注射でシワを改善する治療。

ガミースマイルを修正した症例

  • Before

  • After

ボツリヌストキシン注射(ガミースマイル修正)

¥55,000(税込)

【銀座高須クリニック、横浜、名古屋、大阪】

ボツリヌストキシン注射でガミースマイルを改善する治療。

口角を上げ明るく優しい表情になった症例

  • Before

  • After

口角ボトックス(ボツリヌストキシン注射)

¥55,000(税込)

【全院】

ボツリヌストキシン注射で下がった口角を改善する治療。

フェイスラインを引き締めた症例

  • Before

  • After(3ヶ月後)

ボツリヌストキシン注射(フェイスライン・口角リフト)

1回 ¥110,000(税込)

【名古屋、栄】

ボツリヌストキシン注射(フェイスライン・口角リフト)

ボツリヌストキシン注射でフェイスラインの“もたつき”を、改善する治療。

下まぶたのラインを下げ目を大きくした症例

  • Before

  • After(1週間後)

ボツリヌストキシン注射(目を下に大きくする、垂れ目形成)

両目 ¥55,000(税込)

【全院】

ボツリヌストキシン注射(目を下に大きくする、垂れ目形成)

ボツリヌストキシン注射で目を大きくする治療。

エラの張りを目立たなくした症例

  • Before

  • After(4ヶ月後)

エラボトックス(ボツリヌストキシン注射)

1回 ¥165,000(税込)

【全院】

ボツリヌストキシン注射でエラ張りを改善する治療。

腓腹筋とヒラメ筋を萎縮させ、細い美脚にした症例

  • Before

  • After(3ヶ月後)

ボツリヌストキシン注射(ふくらはぎ・足やせ・美脚)

¥220,000(税込)

【全院】

ボツリヌストキシン注射で脚を細くする治療。

すっきり綺麗な肩になり、肩凝りも改善した症例

  • Before

  • After(注射後2ヶ月後)

ボツリヌストキシン注射(美人肩)

¥165,000(税込)

【全院】

肩ボトックス(ボツリヌストキシン注射)

¥165,000(税込)

【全院】

ボツリヌストキシン注射で肩凝りといかつい肩を改善する治療。

高須クリニックで使用する薬剤について

肌への効果の高さを考え、純度が高く、長期間持続型のボツリヌストキシンを厳選。他院で受けたボツリヌストキシン注射で効果が出なかった人もご検討ください。高須クリニックでは、中国製のボツリヌストキシンは一切使用していません。

施術は、クリームによる麻酔をしてから行うので、術中の痛みは少なくて済みます。術後の腫れや痛みもわずかで、施術当日から普段と変わらない生活が送れます。

麻酔クリーム

麻酔クリーム

麻酔クリームを塗る様子

麻酔クリームを塗る様子

ボトックス注射(ボツリヌストキシン注射)の術前・術後の注意事項、アフターケア

施術時間 5分~10分
術後の通院 なし
術後の腫れ ほとんどなし(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 予約に空きがあれば可能
入院の必要性 なし
麻酔 クリーム麻酔
シャワー 当日より可能
洗髪 当日より可能
メイク 直後より可能
洗顔 直後より可能
  • 術後の入浴について

    極細の注射針で行うため、直後でも腫れはわずかです。注射後の痛みもほとんどありません。
    しかし、あくまで、針を刺して注入を行っているので、治療当日に熱いお風呂に長時間入浴したり、サウナ浴や岩盤浴などをすると、全身の血行が良くなることにより、注射した部位の血流も良くなり、針を刺したところが、多少腫れてくることがあります。場合によっては、注射直後はほとんど腫れていなかったのに、内出血が生じて、青くなってくることもあります。
    そのため、注射した当日は、身体が温まりすぎないように、軽めのシャワー程度にしておくのが無難です。どうしても注射した当日に湯船に浸かりたい場合は、ぬるま湯に短時間(5分以内くらい)の入浴くらいに済ませるのが無難です。
    同じ理由で、注射した当日のサウナ浴、岩盤浴も避けるのが良いです。注射した翌日には、普段通りの入浴をしても大丈夫です。サウナ浴、岩盤浴なども翌日から可能です。

  • 術後の運動について

    注射した当日は激しい運動は控えていただくのが無難です。
    極細の注射針で行うため、直後でも腫れはわずかです。注射後の痛みもほとんどありません。
    しかし、あくまで、針を刺して注入を行っているので、激しい運動をして、血流が良くなると、針を刺したところが、多少腫れてくることがあります。場合によっては、注射直後はほとんど腫れていなかったのに、注射した当日に激しい運動をしたことにより、内出血が生じて、青くなってくることもあります。
    注射当日に激しい運動をしたことにより、腫れてきたり、内出血を起こしても、必ず引くし、最終的な仕上がりに特別影響が出ることはまずないのですが、せっかくダウンタイムのないほとんど腫れない治療なのに、腫れや内出血が出てしまうと、悲しいものがあります。そのため、注射した当日は、普通に歩いて帰ったり、家事をしたりする動作くらいは問題ありませんが、激しい筋力トレーニング、ランニング、エアロビクスなどはあえて行わないのが無難です。
    ただし、注射した当日は絶対に運動してはいけない、注射当日に運動をすると取り返しのつかないことになるというわけではないので、注射した当日にどうしても運動したいという人は、腫れや内出血が出る可能性があることを頭の中に入れ、自分の身体と相談しながら運動してください。

ボトックス注射(ボツリヌストキシン注射)の施術の流れ

当院ではお客様がご納得いくまでカウンセリングを行い、施術後のアフターケアもしっかりとサポートさせていただきます。

ボトックス注射(ボツリヌストキシン注射)のリスク・副作用・合併症について

  • 内出血について

    ボツリヌストキシンなどの注射による治療をする際に、最も高い頻度で生じるリスクは、注射後の内出血です。
    注射後の内出血は全ての人に生じるわけではありません。
    むしろ内出血を生じない人のほうが多く、内出血が生じてしまうのはだいたい10人に1人くらいの割合です。
    内出血が生じる原因のほとんどは、注射針が偶発的に細い血管に当たってしまうことです。
    私達医師は注射する際、なるべく針が血管に当たらないように注意深く丁寧にさせていただいておりますが、どれだけ慎重に注射しても、10分の1程度の確率で内出血は生じてしまいます。
    程度の軽い内出血であれば、1週間くらいでほとんど消えてしますが、運悪く強い内出血が出てしまうと、消えるまで2週間程度かかることがあります。
    しかし、注射による治療の後は治療当日からメイクをすることができるので、内出血が出てしまってもファンデーションやコンシーラーで隠すことができます。
    また、なるべく内出血を生じないようにするためには、私達医師が丁寧に治療することはもちろん、注射した当日は熱いお風呂に長時間浸ったり、サウナに入らないこと、激しい運動はしないこと、お酒を飲みすぎないこと、注射した部位を必要以上に弄らないことなどが大切です。

  • 妊活中、妊娠中、授乳中にボツリヌストキシン注射はできないことについて

    ボツリヌストキシン注射のリスク、副作用に、妊活中、妊娠中、授乳中に注射することができないということがあります。

    理由は、ボツリヌストキシンは妊娠中の胎児への安全性や授乳中の乳児への安全性が100%確保されていないからです。

    通常、どんな薬でも、人体への悪影響がないかを調べるには、「治験」といって、希望者に対して人体実験を行い、副作用、リスク、合併症がないかを調査します。

    しかし、そもそも妊婦や授乳中の母親に対して人体実験を行い、胎児や乳児に悪影響があるかどうかを調べるということが倫理的に出来ないため、ボツリヌストキシンが実際に人間の胎児や乳児に影響があるのかないのかを調べた研究結果がないのが現状です。

    男性に関しても、ボツリヌストキシンを投与してすぐに女性を妊娠させて、胎児に影響があるのかないのかを調べた人体実験の治験データはありません。

    ちなみに、ボツリヌストキシンの商品に添付されている使用上の注意には
    ・妊娠する可能性のある婦人は、投与中及び最終投与後2回の月経を経るまでは避妊する。
    ・男性は、投与中及び最終投与後少なくとも3ヶ月は避妊する。
    と記されています。

    男性は精子の形成される期間にボツリヌストキシンが投与されることを避けるため、3ヶ月という数字になっています。

    そのため、高須クリニックでは、女性の場合、妊活中、妊娠中、授乳中の方にボツリヌストキシン注射はしない方針にしており、ボツリヌストキシン注射後は、2回目の月経(生理)が終わるまでor3ヶ月以上経過するまで妊娠しないようにしていただいてます。

    ボツリヌストキシンの分子量は15万程度であり、胎盤を通過できず、理論的には妊婦に投与しても胎児には届きません。

    また、妊娠中にボツリヌストキシンを注射してしまったが、元気な赤ちゃんを出産し、成長する過程でも何も問題はなかったという報告も多数あります。

    妊娠中、授乳中にボツリヌストキシンを投与すると必ず問題が起こるというわけではありませんが、100%絶対に問題が起こらないと言いきることもできないのが現状であるため、患者様が100%安全で安心でいられるため、このような方針にさせていただいております。

ボトックス注射(ボツリヌストキシン注射)の費用

料金

ボツリヌストキシン注射(目を下に大きくする、垂れ目形成)

両目 ¥55,000(税込)

【全院】

ボツリヌストキシン注射(ガミースマイル修正)

¥55,000(税込)

【銀座高須クリニック、横浜、名古屋、大阪】

口角ボトックス(ボツリヌストキシン注射)

¥55,000(税込)

【全院】

ボツリヌストキシン注射(フェイスライン・口角リフト)

1回 ¥110,000(税込)

【名古屋、栄】

注射式シワ取り ボツリヌストキシン注射

¥55,000(税込)
眉間 ¥55,000(税込)
目尻 ¥55,000(税込)
口周り ¥55,000(税込)
鼻の根元ジワ ¥55,000(税込)
あごの梅干しジワ ¥55,000(税込)

【全院】

顔面神経麻痺

健側へのボツリヌストキシン注射 ¥55,000(税込)
側頭筋移行術 ¥1,320,000(税込)
眉毛挙上術 ¥192,500(税込)
患側のフェイスリフト ¥330,000~¥660,000(税込)
下まぶたの外反の治療 ¥275,000(税込)

【銀座高須クリニック、横浜、名古屋、大阪】

エラボトックス(ボツリヌストキシン注射)

1回 ¥165,000(税込)

【全院】

ボツリヌストキシン注射(美人肩)

¥165,000(税込)

【全院】

ボツリヌストキシン注射(ふくらはぎ・足やせ・美脚)

¥220,000(税込)

【全院】

肩ボトックス(ボツリヌストキシン注射)

¥165,000(税込)

【全院】

ボツリヌストキシン注射(歯ぎしり・顎関節症)

1回 ¥165,000(税込)

【銀座高須クリニック、横浜、名古屋、大阪】

ボツリヌストキシン注射(わきが・多汗症)

ワキ(両側) ¥165,000(税込)
手のひら(両手) ¥165,000(税込)
足の裏(両足) ¥165,000(税込)
¥110,000~¥220,000(税込)

【全院】

ボツリヌストキシン注射(ワキ、手のひら、足の裏、額の多汗症)

ワキ(両側) ¥165,000(税込)
手のひら(両手) ¥165,000(税込)
足の裏(両足) ¥165,000(税込)
¥110,000~¥220,000(税込)(面積による)(5cm×10cm¥110,000(税込)が目安)

【全院】

ボツリヌストキシン注射(額、頭、顔の多汗症)

¥110,000~¥220,000(税込)(面積による)(5cm×10cm¥110,000(税込)が目安)

【全院】

ボトックス注射(ボツリヌストキシン注射)の部位別の持続効果

シワ治療のボツリヌストキシン注射、ボツリヌストキシン注射(ガミースマイル修正)、口角を挙げるボツリヌストキシン注射、タレ目ボツリヌストキシン注射などの効果の現れ方、効果の持続について

  1. 眉間の縦ジワ、額の横ジワ、目尻のシワ、鼻根部の横ジワ、唇の縦ジワ、顎の梅干ジワなどのシワ治療
  2. ガミースマイルの治療
  3. 下がっている口角を挙げる治療
  4. 目尻を下げて、タレ目っぽく目を大きくする治療
  5. 顔面神経麻痺で、健側(麻痺していない側の顔)の過緊張を緩める治療

上記5つの施術は、顔面にある目的の表情筋にボツリヌストキシンを注射することにより、その表情筋を麻痺させ、効果を出す治療です。

これらの顔面表情筋に注射する治療は、効果は6ヶ月程度続き、効果が切れるとほとんど元に戻ることが多いです。

表情筋のほとんどは、皮膚に付着する筋肉であり、そのような筋肉にボツリヌストキシンを注射した場合は、6ヶ月で効果がほぼなくなり、ほぼ元に戻るということが統計的に分かっています。

多少個人差がありますが、注射して2~3日くらいから徐々に効果が現れてきて、1週間後にははっきりとした効果が現れます。

その後、1ヶ月くらい強い効果が続き、その後は4~6ヶ月くらいかけて徐々に効果が弱まっていき、効果がなくなって、ほとんど元に戻ります(注射する量、テクニックなどによって多少差がありますが、高須クリニックの場合はこのような経過になることが多いです)。

ただし、これらの治療でも、こまめに複数回注射すると、ある程度半永久的な効果になることもあります。

表情筋は、ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)で注射する咬筋、ふくらはぎボツリヌストキシン注射で注射する腓腹筋やヒラメ筋、ボツリヌストキシン注射(美人肩)で注射する僧帽筋などの骨格筋と異なり、永久的な廃用性萎縮(ずっと筋肉を使わないでいることにより、筋肉が萎縮して小さくなること)が起こりにくいといわれていますが、ある程度は起こります。

ボツリヌストキシン注射の効果が弱くなり始める3~4ヶ月毎に繰り返し注射すると、廃用性萎縮が生じ、同じ量でも効果がより長く続くようになったり、注射の持続期間が長くなったりすることがあります(個人差もあります)。

関連リンク:

ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)、ふくらはぎボツリヌストキシン注射、ボツリヌストキシン注射(美人肩)の効果の現れ方、効果の持続について

ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)、ふくらはぎボツリヌストキシン注射、ボツリヌストキシン注射(美人肩)は、目的の筋肉にボツリヌストキシンを注射することにより、廃用性萎縮を起こし、目的の筋肉を細くする治療です。

ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)は咬筋を細くすることにより小顔にし、ふくらはぎボツリヌストキシン注射は腓腹筋やヒラメ筋を細くすることにより脚を細くし、ボツリヌストキシン注射(美人肩)は僧帽筋を細くすることによりほっそりした肩にします。

これらの筋肉は全て、骨格筋であり、関節をまたいで骨と骨に付着し、関節を動かす作用があります。

骨格筋にボツリヌストキシンを注射すると、1週間後くらいから徐々に廃用性萎縮が始まります。

2週間後にはちょっと細くなってきたのがわかります。

4~8週間後くらいには効果が最大限に現れていることが多いです。

その後、しばらく最大限の効果が続きますが、注射後4~6ヶ月くらいには徐々にボツリヌストキシン注射の効力が弱くなってくるので、それに伴って、筋肉が使われるようになっていき、また太くなっていきます。

注射後7~10ヶ月後くらいには、ボツリヌストキシン注射の効力が切れてから、普段通り筋肉を動かしているため、筋肉はリハビリを完了し、また太くなっています(普通、萎縮して細くなった筋肉は、萎縮した後、1ヶ月くらい使い続けると大部分戻ります)。

ただし、骨格筋は表情筋に比べて廃用性萎縮が生じ易いため、ボツリヌストキシン注射してから6ヶ月以上経過して、ボツリヌストキシン注射の活性がなくなってからリハビリを完了しても、注射する前ほど筋肉は太く戻っていないことが多いです。

統計的には、骨格筋に大量の高濃度ボツリヌストキシンを注射して、1年後の状態をみると、最大限効果が現れていたときの3~4割くらいの効果は残っています。

そして、その3~4割くらいの効果は永久的に残ります。

そのため、ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)、ふくらはぎボツリヌストキシン注射、ボツリヌストキシン注射(美人肩)は、5~6回くらい注射すると、もう注射しなくても、最大限に効果が現れていたときの状態に近い状態を維持することができます。

その場合、注射する間隔は、ボツリヌストキシン注射の活性が低下し始める3~6ヶ月くらいが最も効率的、合理的で良いです(個人差もあり、だいたい4~5ヶ月間隔くらいで注射すり人が多いです)。

もちろん、6ヶ月以上空けて注射する場合でも永久的な効果は蓄積されていくし、4~5ヶ月毎に注射する場合に比べて大きな差があるわけでもないので、きっちり4~5ヶ月間隔で注射に通えない方は、6ヶ月以上間隔が空いても全然大丈夫です(極端な話、何年間隔が空いても大丈夫です)。

関連リンク:

肩凝りボツリヌストキシン注射の効果の現れ方、効果の持続について

肩凝りボツリヌストキシン注射は、主に肩凝りを起こしている原因の筋肉である僧帽筋や頸椎の両サイドを走る筋肉にボツリヌストキシンを注射します。

早い人だと注射してから2~3日くらいで徐々に効果が現れてきますが、平均すると、だいたい1週間くらいで完全に効果が現れます。

その後は4~6ヶ月くらいかけて徐々に効果が弱まっていき、6ヶ月以上経過すると、ボツリヌストキシン注射の活性はほぼなくなります。

ただし、肩凝りを起こす筋肉は全て骨格筋であるため、6ヶ月以上経過して、ボツリヌストキシン注射の活性が無くなっても、最も効果があったときの3~4割程度の効果は半永久的に残ります。

繰り返し注射すれば、その効果は更に蓄積されていくことになります(繰り返し注射する場合は、ボツリヌストキシン注射(美人肩)と同様、4~5ヶ月間隔くらいでするのが理想ですが、やはりボツリヌストキシン注射(美人肩)と同様、6ヶ月以上間隔が空いても大丈夫です)。

ただ、肩凝りボツリヌストキシン注射はあくまで肩凝りに対する対症療法であり、肩凝りのある人のほとんどは、普段の姿勢や生活習慣に問題があります。

肩凝りボツリヌストキシン注射をして症状が改善しても、根本的な問題が解決したことにはならないので、肩凝りボツリヌストキシン注射だけて肩凝りが永久的に完全に無くなることはありません。

関連リンク:

顎関節症、歯軋りのボツリヌストキシン注射治療の効果の現れ方、効果の持続について

顎関節症や歯軋りのある人の咬筋(噛む筋肉)にボツリヌストキシンを注射すると、咬筋の緊張が緩み、症状がある程度改善します。

早い人だと注射してから2~3日くらいで徐々に効果が現れてきますが、平均すると、だいたい1週間くらいで完全に効果が現れます。

その後は4~6ヶ月くらいかけて徐々に効果が弱まっていき、6ヶ月以上経過すると、ボツリヌストキシン注射の活性はほぼ無くなります。

ただし、咬筋は骨格筋であるため、6ヶ月以上経過して、ボツリヌストキシン注射の活性が無くなっても、最も効果があったときの3~4割程度の効果は永久的に残ります。

繰り返し注射すれば、その効果は更に蓄積されていくことになります(繰り返し注射する場合は、ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)と同様、4~5ヶ月間隔くらいでするのが理想ですが、やはりボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)と同様、6ヶ月以上間隔が空いても大丈夫です)。

ただ、歯軋りだけならともかく、顎関節症のある人の咬筋にボツリヌストキシンを注射するのは、あくまで顎関節症に対する対症療法であり、根本的な治療ではありません。

顎関節症のある人にボツリヌストキシンを注射して症状が改善しても、根本的な問題が解決したことにはならないので、ボツリヌストキシン注射だけて顎関節症が永久的に完全に治ることはありません(顎関節症がなく、歯軋りだけが悩みの人は、繰り返し注射することにより、ほぼ完全に症状が無くなることもあります)。

関連リンク:

額、顔、ワキ、手のひら、足の裏などの汗を止める治療の効果の現れ方、効果の持続について

多汗症のボツリヌストキシン注射は、筋肉に注射するのではなく、皮膚に注射します。

皮膚の浅い部位にあるエクリン汗腺に作用し、汗の量を格段に減らすことができます。

多少個人差がありますが、注射して2~3日くらいから徐々に効果が現れてきて、1週間後にははっきりとした効果が現れます。

その後、1ヶ月くらい強い効果が続き、その後は4~6ヶ月くらいかけて徐々に効果が弱まっていき、効果がなくなって、ほとんど元に戻ります(注射する量、テクニックなどによって多少差がありますが、高須クリニックの場合はこのような経過になることが多いです)。

ただし、これらの治療でも、こまめに複数回注射すると、ある程度半永久的な効果になることもあります。

高須クリニックに通って繰り返しワキにボツリヌストキシンを注射している人の話を聞くと、

「繰り返し注射していたら、1回の注射の持続期間が長くなってきました。」
「前は6ヶ月に1回注射してたけど、何回か通って注射してたら、1年に1回で済むようになりました」

などの声をよく聞きます。

これは、繰り返しボツリヌストキシンを注射することにより、使われないエクリン汗腺が萎縮してきたことが考えられます。

ただし、このように効果を蓄積させていき、ある程度半永久的な効果を出すためには、高濃度のボツリヌストキシンを大量に注射する必要があります(高須クリニックでは全ての患者様に対してそのようにしています)。

繰り返し注射する場合は、やはりなるべく間隔を詰めて注射するほうが効果的ですが(3~4ヶ月間隔くらい詰めてもいいと思います)、6ヶ月以上空いても大丈夫です。

関連リンク:

高須クリニックなら
あなたのイメージ通りに!

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

2018年6月1日に厚生労働省より施行された医療広告ガイドラインに基づき、
当院の所属医師による監修のもと医療機関として、ウェブサイトを運営しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

  • 【高須クリニック】LINE公式アカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧