目頭切開の術式、デザインと仕上がりについて

目頭切開の術式、デザインと仕上がりについて

目頭切開の術式、デザインと仕上がりについて解説させていただきます。
目頭切開はZ法、W法(内田法)、V法、リドレープ法、三日月型単純皮膚切除法など色々ありますが、それぞれ傷跡の形、仕上がり、経過、ダウンタイムなどが違います。
私(高須幹弥)に関しては、患者様からの特別な注文がない限り、目頭切開のほとんどをZ法で行っていますが、以下にそれぞれの術式について詳しく解説させていただきます。

Z法、W法(内田法)、V法、リドレープ法、三日月型単純皮膚切除法について

Z法

目頭切開Z法は、蒙古ひだの皮膚のつっぱりを切開してフラップにし、蒙古ひだの内側に切開して作った切れ込みにフラップをはめ込んで傷跡を縫合する方法です。
小さなZで切開すれば小さな変化があり、大きなZで切開すれば大きな変化があるので、顔のパーツのバランスや患者様の希望に合わせて微妙な調節がしやすい術式です。

小さなZ形成のデザインで行うと、少しだけ目を内側に広げることができる。小さいZのほうが傷跡が小さく、早く傷跡が目立たなくなります。斜め下方向に尖った目頭になりやすい。末広型二重を末広型二重のまま内側に目を大きくすることができる。

大きなZ形成のデザインをし、目頭の粘膜近くまで切開すると、蒙古ひだを完全になくし、涙丘を完全に露出させることもできる。末広型二重を平行型二重にすることもできる。

比較的傷が小さく、傷が目頭のシワや溝に一致しやすいため、傷跡が目立ちにくく、術後の腫れ、赤みが引くのが早く、ダウンタイムが短いのが特徴です。
また、Z形成でフラップを入れかえる術式であるため、後戻りすることはありません。
仕上がりは自然に斜め下方向に軽く尖った感じの目頭の形になります。
人気のあるモデル、女優、アイドル、歌手のほとんどの人が適度に軽く尖った感じの目頭をしており、ほとんどの患者様も同じような目頭の形を要望されることが多いため、私に関してはZ法で行うことがほとんどです。
大きなZで切開し、縫合すれば、斜め下方向に尖った目頭ではなく、西洋人(白人)のような、ぱっくりと大きく開いた目頭にすることも可能です。

症例

男性患者様に行った目頭切開Z法の症例

  • Before

    小さなZで目頭切開をすると、

  • After(6ヶ月後)

    目頭が綺麗に斜め下方向に尖った形で、わずかに内側に目を大きくすることができる。傷跡は目立たない。

症例

目頭切開 二重まぶた・埋没法も施行

  • Before

    二重まぶた埋没法で自然で広すぎない二重を作り、小さなZ形成で目頭切開をすると、

  • After

    蒙古ひだが少し残った状態で目が内側に大きくなり、自然な末広型二重になる。

W法(内田法)

目頭切開W法(内田法)は、目頭の皮膚をWの字に切開し、Wの字の尖っている部分の皮膚を切除し、皮膚を引っ張って縫合する方法です。

W法(内田法)のデザインの切開線。蒙古ひだの余分な皮膚を三角形に切除して、その皮膚欠損部分に皮弁にした蒙古ひだの皮膚を引っ張って嵌め込む。涙丘がしっかりでて、丸い形の目頭になりやすい。しっかり行えば、末広型二重を平行型二重にすることができる。

Z法に比べ、丸い感じの目頭の形になることが多く、やり過ぎると、パンチで穴を空けたような不自然な形になることがあります。

症例

他院で目頭切開を必要以上に切り過ぎてきつくなった症例

  • Before

  • 他院でW法(内田法)で目頭切開を受けた症例。目頭の形が丸くなり、涙丘がかなり見えている。

    ※上記の他院の症例は、この後当院で修正施術を行いました。修正施術後の症例写真は下記からご覧ください。

症例

他院で目頭切開を受けて、目頭が丸くなった症例

  • Before

  • 他院でW法(内田法)で目頭切開を受けた症例。目頭の形がかなり丸くなっている。涙丘もかなり見えている。

※上記の他院の症例は、この後当院で修正施術を行いました。修正施術後の症例写真は下記からご覧ください。

症例

他院で目頭切開を受けて、目頭が丸くなった症例

  • Before

  • 他院でW法(内田法)で目頭切開を受けた症例。目頭の形が丸くなり、涙丘がかなり見えている。

※上記の他院の症例は、この後当院で修正施術を行いました。修正施術後の症例写真は下記からご覧ください。

Z法に比べ、傷が大きく、目立ちやすいため、赤みが引くのも時間がかかり、ダウンタイムが長くなることがあります。

V法

張っている蒙古ひだを真ん中で水平に切開し、開いた蒙古ひだの皮膚をトリミング(余分な皮膚を切除する意味)し、縫合する方法です。
傷跡は大きくVの字に残ります。

V法のデザイン。蒙古ひだの中央をメスで水平に切開して、蒙古ひだを開く。
蒙古ひだの余分な皮膚を切除し、縫合する。Vの字の大きな傷跡が残る。蒙古ひだを完全になくし、涙丘を完全に出すことができる。

単純な手術で蒙古ひだを完全に無くすことができますが、患者様の要望に合わせて細かい調節ができないことや、傷跡が目立ちやすいなどのこともあり、高須クリニックではあまり行われていません。

リドレープ法

術後の縫い上がり、仕上がりはZ法ににていますが、Z法と比べ、細かい調節がしづらく、末広型っぽい二重になりやすいという特徴があります。
Z法と比べるとかなり傷跡が長く、傷跡が赤く盛り上がりやすく、目立ちやすいというデメリットがあります。

リドレープ法の切開線のデザイン。Z法よりも大きな傷跡が残る。
Z法に比べ、特別大きなメリットがないため、高須クリニックではあまり行われていません。

三日月型単純皮膚切除法

三日月型単純皮膚切除法は、目頭の内側の皮膚を切除して縫合するシンプルな術式ですが、傷跡が非常に目立ちやすいうえに、後戻りしやすく、メリットが少ないわりにデメリットが多い方法であるため、私はあまりおすすめできません。

三日月型単純皮膚切除法のデザイン。目頭の皮膚を三日月型に切除する。
皮膚欠損部分を縫合すると、目頭の皮膚が引っ張られて、目が内側に大きくなるが、数週間~数ヶ月で後戻りしていき、傷跡は引っ張られて、傷跡の幅が広がり、汚い傷跡になりやすい。

目頭切開をして、目の横幅と目の間隔の比率を1:1:1にすれば、必ず美人orイケメンになるのか?

「目頭切開をして、目の横幅と目の間隔の比率を1:1:1にすれば、必ず美人orイケメンになるのか?」について解説させていただきます。

目頭切開をして、目の横幅と目の間隔の比率を1:1:1にすれば、必ず美人orイケメンになるのか?

美しい顔の基準として、美容医学的に「美の黄金比率」というものがあります。
これは、一般的にこの基準に当てはまっている顔は美しいといわれているものです。
目に関しては、「左右の目の横幅と、目と目の間隔が1:1:1だと美しい」というものがあります。

しかし、目頭切開をする際に、このデータの数字にとらわれ過ぎて、数字の通りに手術しようとするのは非常に危険です。

蒙古ひだが発達して張っていることにより、目と目の間隔が広い人は、目頭切開をして、目の横幅と目と目の間隔の比率が1:1:1になると、バランスの良い整った顔になることが多いです。

蒙古ひだが発達して張っていることにより、目と目の間隔が広い人に目頭切開をして、目の横幅と目と目の間隔の比率が1:1:1になると、

バランスはよくなる。

症例

目頭切開Z法で、目頭が斜め下方向に尖るように広げた症例

  • Before

    蒙古ひだが張っていて、やや目と目の間隔が広い症例。

  • After(3ヶ月後)

    目頭切開をして、目の横幅と目と目の間隔がだいたい1:1:1になった。
    バランスが良くなった。

しかし、骨格的に眼窩間の距離が離れていることにより、眼球が外側気味についていて、目と目の間隔が広い人もいます。
そのような人に目頭切開を行い、目の横幅と目と目の間隔の比率を1:1:1にしてしまうと、目頭側の赤い粘膜(涙丘)が丸見えになってキツい印象になる上に、黒目が外側に向いたような外斜視の目になってしまいます。

骨格的に眼窩間の距離が離れていることにより、眼球が外側気味についていて、目と目の間隔が広い人。
目頭切開で、無理して目の横幅と目と目の間隔の比率を1:1:1にしてしまうと、

目頭側の赤い粘膜(涙丘)が丸見えになってキツい印象になる上に、黒目が外側に向いたような外斜視の目になってしまう。
明らかに異様な目になる。

骨格的に眼球が外側についているタイプなのに、他院で目頭切開を受け、目の横幅と目と目の間隔が1:1:1になるようにされてしまった症例。
明らかに異様な目である。

一方、目尻切開に関しては、正しい術式で正しい手術を行う限り、蒙古ひだが発達して張っていることにより目と目の間隔が広い人に行っても、眼球が外側気味についていて目と目の間隔が広い人に行っても、目と目の間隔が近い人に行っても、不自然になったりバランスが悪くなることはまずありません。
目尻切開は目を外側に広げる手術であり、左右の目の横幅と目と目の間隔の比率に大きな影響を与えることはないので、どのようなタイプの人に行っても、バランスが悪くなることは起こりづらく、それなりに目が大きくなって、バランスが良くなることが多いです。

そういったこともあり、数字にとらわれ過ぎて、数字の通りに手術しようとするのは大変危険です。
人それぞれに、その人の元の顔、身体によって、最も良くなるバランスというものが必ずあるので、どんな手術をする際でも、美的センスがあって、手術の上手な医者としっかりとカウンセリングをし、納得してから手術を受けることが大事です。

症例のご紹介

目頭切開+目尻切開で目の横幅を広げた症例写真

  • Before

  • After(6ヶ月後)

⾼須 幹弥 医師

担当医からのコメント

⾼須 幹弥 医師

20代女性の中国人患者様で、目を大きくしたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、天然の幅広平行型二重であり、まぶたの開きはさほど悪くないのですが、目の横幅はやや小さめでした。
そのため、目頭切開と目尻切開を同時に行い、目の横幅を広げることになりました。
目頭切開はZ法に準じて行い、約1.5mmずつ内側に広げました。
目尻切開はW字切開に準じて行い、約2mmずつ外側に広げることができました。
術後は程よく目の横幅が広がって大きくなり、華やかな印象の目になりました。

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

2018年6月1日に厚生労働省より施行された医療広告ガイドラインに基づき、
当院の所属医師による監修のもと医療機関として、ウェブサイトを運営しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

  • 【高須クリニック】LINE公式アカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧