診療科目

肌 美容皮膚科
ボディ
その他

お電話での相談も承ります。 0120-5587-35 受付時間 9:30〜22:00 ※日曜日・祝日は21:00まで

目の下のクマ治療

老け顔にサヨナラ
原因に合わせて施術をご提案

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

目の下のクマ治療の特徴

いつも疲れているように見られ、年齢以上に老けて見える“クマ”。化粧品やエステでは改善が難しいクマも、さまざまな美容医療なら改善することができます。
目の下をどんより黒くしているクマには様々なタイプがあるので、原因に合わせた的確な解決策が必要。あなたのクマにピッタリの治療法を選べば、すっきり明るく美しい目もとが手に入ります。
会社や学校などでダウンタイムが取れない方には、片目の施術後に眼帯をして腫れが引いた後にもう片方の目の施術をする、柔軟な対応もできます。

目の手術診察風景

施術料金

目の下のクマ治療
ヒアルロン酸 1本
【全院】
¥100,000
脂肪除去 目の下(片目)
【東京、横浜、名古屋、大阪】
¥250,000
脂肪除去 目の下(両目)
【東京、横浜、名古屋、大阪】
¥500,000
ポラリスRF&ダイオードレーザー 目の下の小じわ・1回
【東京、横浜、栄、大阪】
¥30,000
ポラリスRF&ダイオードレーザー 目の下と両頬・1回
【東京、横浜、栄、大阪】
¥50,000
金の糸(ゴールデンリフト)
顔全体
【全院】
¥300,000

リスク・副作用・合併症

タイプ別クマの解決法

くぼみによる陰グマ

ヒアルロン酸注入でふっくらと。注射1本の気軽さで、陰を作っているくぼみを改善し、同時にしわも伸ばします。

目袋による脂肪グマ

脂肪除去ですっきりと。下まぶたの内側からゆっくり丁寧に脂肪を除去するので、凹凸や傷跡が残る心配はありません。

ハリのなさや血色の悪さによるくすみグマ

金の糸(ゴールデンリフト)金の糸ポラリスRF&ダイオードレーザーなどで皮膚を活性。血行を良くしてハリを引き出すことで、肌が明るくなります。

目の下のクマの種類、原因と治療法について

目の下のクマは、一つの原因でできるものではなく、色々な種類の原因でできるものです。

主に、下まぶたの眼窩内脂肪が前方に張り出すことによってできる「膨らみグマ(目袋)」、目の下が窪んで影ができて生じる「影グマ」などがあります。

それら以外にも、目の下の皮膚に小じわができることによりクマが強調されたり、目の下の皮膚の血行が悪いことにより色が黒ずんでクマが強調されたり、皮膚の下の血管が透けて見えることや、色素沈着によってクマが強調されることもあります。

また、クマができている人のほとんどは、一つの原因だけでクマができているのではなく、複数の原因が重なってクマが形成されていることが多いです。

以下に、それぞれの種類のクマができる原因と仕組み、治療法について詳しく解説させていただきます。

①目の下の脂肪の膨らみによるクマ

下眼瞼(下まぶた)にある眼窩内脂肪が前方に張り出すことにより、目の下の一部が膨らみ、クマができることがあります。

俗にいう、目袋、膨らみグマです。

一般的に、加齢により、眼球を支えるロックウッド靭帯が緩み、立位の状態で眼球が重力で下に下がり、その重みで下眼瞼の眼窩内脂肪が前方に押されて、目の下が膨らむことになります。

目の下が膨らむことにより、膨らみの下に影ができ、余計にクマが強調されることもあります。

このタイプのクマは、遺伝的な要素に左右されることが多く、父親や母親に目袋があると、ご自身にも目袋があることが多いです。

それは、このクマが、眼球の周りの骨の骨格、脂肪や筋肉の付け方、眼球、骨、軟部組織の位置関係により生じるからです。

ロックウッド靭帯が加齢により緩むことにより、眼球が重力で下に下がり、眼窩内脂肪が押されて前方に張り出す。

目の下の脂肪の膨らみによるクマの治療方法

膨らみグマの治療は、下まぶたの眼窩内脂肪を適量除去することになります。

通常、局所麻酔下に、下まぶたの裏側の粘膜に炭酸ガスレーザーで小さな穴を開け、そこから眼窩内脂肪を適量取り出して切除します。

この手術は、適量の眼窩内脂肪を除去しておくと、ほとんどの人は、将来2回目の手術が必要になることはありません。脂肪細胞の数は、年をとってもほぼ一定であるため、一度脂肪を適量除去しておけば、将来脂肪が増えたり、大量に下に下がってくることはないからです。

また、この膨らみグマができる眼窩内脂肪は、年をとればとるだけ下に下がってきて酷くなる傾向があります。そのため、早いうちに脂肪を除去して、クマを改善させるほうが、酷くならないで済みます。酷くなってから脂肪を除去すると、膨らんだ皮膚が萎んで、目の下に小じわができることがあるからです。

酷くならないうちに脂肪を除去しておけば、小じわが増えることはないし、将来酷くなる予防にもなります。

下まぶたの裏側の粘膜にCO2レーザーで小さな穴を空け、眼窩内脂肪を適量取り出す。

余分な眼窩内脂肪がなくなり、目袋もなくなる。

Before
After(1週間後)
20代女性の方。
下まぶたの眼窩内脂肪の内側と中央のコンパートメントのものが張り出して、膨らみグマができていた。
内側と中央の眼窩内脂肪を、下まぶたの裏側から適量切除し、膨らみグマはなくなった。
Before
After
20代女性の方。
特に中央のコンパートメントの眼窩内脂肪が前方に張り出し、膨らみグマができていた。
下まぶたの裏側から余分な眼窩内脂肪を適量除去し、膨らみグマは目立たなくなった。

②目の下の窪みによる影クマ

目の下が窪んでいると、窪んでいる部分に影ができ、クマが強調されてしまいます。

俗にいう、「影グマ」です。

影グマも膨らみグマと同様に、遺伝的な要素に左右されて出てくる人が多く、父親や母親に影グマがあると、ご自身にも影グマが出てくることが多いです。

それは、このクマが、眼球の周りの骨の骨格、脂肪や筋肉の付け方、眼球、骨、軟部組織の位置関係により生じるからです。

一般的に、痩せていて、目の下の皮膚が薄く、皮下脂肪があまりついていない人にできやすいです。

目の下の脂肪の膨らみによるクマの治療方法

影グマの窪みに対しては、ヒアルロン酸を注入して窪みを埋めて、平らに近づける方法が良いでしょう。窪みが埋まって平らになれば影ができなくなり、クマが改善します。

目の下にヒアルロン酸を注入する場合、目の下専用の粒子の細かい柔らかいヒアルロン酸を使用します。目の下は非常に皮膚が薄くて繊細な部位であるため、硬いヒアルロン酸や粒子が大きいヒアルロン酸を注入すると、表面が凸凹になってしまうことがあるからです。

目の下の窪みにヒアルロン酸を注入して平らに近づける。

Before
After
40代女性の方。
目の下が窪んでいる典型的な影グマである。目の下専用の柔らかいヒアルロン酸1本(1cc)を左右に分散して注入した。窪みが浅くなり、影グマが改善した。
Before
After(1週間後)
30代男性の方。
目の下が窪んで影グマができている。目の下専用の柔らかいヒアルロン酸1本(1cc)を左右に分散して注入し、影グマが改善した。
Tips:目の下の脂肪注入やPRP、成長因子などの注入をあまりお勧めしない理由
私に関しては、目の下の窪みを注入で膨らませるとき、ほとんどの場合はヒアルロン酸注射で行い、脂肪注入やPRP、成長因子などの注入は行いません。

理由は、目の下は非常に皮膚の薄い部位であるため、注入後に凸凹になりやすいからです。特に脂肪は、ヒアルロン酸に比べて粒子が大きく荒いため、相当細かく丁寧に控えめに注入しないと、かなりの確率で凸凹になります。

実際、目の下の脂肪注入を専門にやっていると謳っている他院のクリニックで脂肪注入を受けた人が凸凹になって、修正目的で高須クリニックに訪れることがよくあります。しかし、残念なことに、脂肪は永久的にしっかりと定着しているため、綺麗に取り除くことができず、修正不可能であることがほとんどです。

仮に一時的に綺麗に脂肪が定着したとしても、将来年をとって、目の下の皮膚が薄くなったときに凸凹が目立つようになることもあります。また、注入して定着した脂肪は、身体が太ると肥大して大きくなり、痩せると小さくなります。そのため、脂肪注入して、しばらくは良かったのに、食べ過ぎて太ると、目の下が不自然に膨らむことがあります。

PRPや成長因子も、目の下の皮膚が薄い部位に注入すると、凸凹になってしまう確率が高いです。特に、β-FGFなどの成長因子は、不自然に目の下の組織が凸凹に膨らむことが多く、他院で受けて修正目的で高須クリニックに来院される方が多いです。しかし、残念なことに、この場合も永久的にしっかりと定着しているため、綺麗に取り除くことができず、修正不可能であることがほとんどです。

こういった理由もあり、私に関しては、目の下に脂肪を注入したり、PRPや成長因子を注入することはせず、一概にはお勧めいたしません。

③目の下の小じわや肌の張りのなさ

目の下の皮膚に張りがなく、小じわが多かったりすると、クマが強調されてしまうことがよくあります。

サーマクールアイ目もと専用RF高周波エネルギーシステムによる治療

目の下の小じわや肌の張りのなさがなくクマが強調される場合、サーマクールアイ目もと専用RF高周波エネルギーシステムで高周波のエネルギーを目の下の皮膚に照射すると、皮膚の張りが出て、クマが目立たなくなることがあります。

サーマクールアイ目もと専用RF高周波エネルギーシステム

目の下の皮膚に、重点的にサーマクールアイ目もと専用RF高周波エネルギーシステムを照射する。

Before
After(2ヶ月後)
50代女性の方。
目の下の皮膚に張りがなく、小じわも目立っている。そのことにより、目の下のクマが目立っている。サーマクールアイを行ったところ、皮膚の張りが出て、クマが少し目立たなくなった。

イタリアンリフトファイン吸収糸を使った肌のハリを出す治療による治療

イタリアンリフトファインの吸収糸を皮膚の中に埋め込むことにより、皮膚の内側からコラーゲン繊維を増やし、肌の張りを出すことも有効です。

顔全体(目の下を含む)にイタリアンリフトファイン吸収糸を使った肌のハリを出す治療を行う場合。

目の下だけに重点的にイタリアンリフトファイン吸収糸を使った肌のハリを出す治療の糸を入れることもできる。

Before
After(6ヶ月後)
50代女性の方。
目の下の皮膚の張りがなく、クマが強調されている。顔全体の肌の張りも年齢相応になくなっている。
患者様の希望で、顔全体にイタリアンリフトファインを行ったところ、顔全体の肌の張りが出て、目の下の張りも出た。それにより、クマが少し目立たなくなった。
こんな方はご検討ください。
  • クマのせいで、いつも疲れて見られる
  • 老け顔を改善したい
  • 明るく美しい目もとにしたい

症例のご紹介

目の下の脂肪の膨らみを取らず、ヒアルロン酸注射でクマを改善させた症例写真

Before
After(ヒアルロン酸注射後1週間)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、目の下のクマを気にされていました。
診察させていただいたところ、目の下の脂肪が膨らんでおり、クマが目立っていました。
また、脂肪の膨らみの下は窪んで陰になっており、余計にクマが強調されていました。
このようなクマには、通常、下まぶたの裏側の粘膜から余分な脂肪を除去し(経結膜脂肪切除)、1ヶ月くらいおいてから、下まぶたの窪みにヒアルロン酸を注入するのが最も効果的です。
余分に膨らんでいるところは膨らみを取って平らにし、窪んでいるところはボリュームを入れて平らにするのが、最も全体的に平らに近づくからです。
私が患者に、まずは脂肪の膨らみを取り、1ヶ月程度おいてからヒアルロン酸を注射することをご提案したところ、「まずはヒアルロン酸注射だけでやってみたい」とおっしゃったので、ヒアルロン酸注射をすることになりました。
目の下専用の軟らかくて綺麗に馴染むタイプの長期持続型ヒアルロン酸を1本(1cc)を0.5ccずつ目の下の窪んでいる部位に注入しました。
注入後は、目の下の脂肪の膨らみは多少見えるものの、窪みが埋まって目立たなくなったことにより、脂肪の膨らみも目立たなくなり、全体的に目の下のくまが改善しました。
この場合、後日、目の下の脂肪を除去し、更にクマを改善させることも可能です(ヒアルロン酸注射後1週間も経てば可能であることが多いです)。

この症例写真の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

目の下のクマ治療 ヒアルロン酸

1本 ¥100,000 【全院】

目の下のクマ治療 脂肪除去 目の下(片目)

¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

目の下のクマ治療 脂肪除去 目の下(両目)

¥500,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

目の下のクマ治療 ポラリスRF&ダイオードレーザー 目の下の小じわ

1回 ¥30,000 【東京、横浜、栄、大阪】

目の下のクマ治療 ポラリスRF&ダイオードレーザー 目の下と両頬

1回 ¥50,000 【東京、横浜、栄、大阪】

目の下のクマ治療 金の糸(ゴールデンリフト)顔全体

¥300,000 【全院】

リスク・副作用・合併症

その他の症例写真を見る

術後の注意事項・アフターケア

術後の洗顔、メイク、入浴について ※ヒアルロン酸注入の場合

鼻、顎、ほうれい線、目の下、目の上の窪み、涙袋、唇、額、眉間、コメカミ、頬などの顔にヒアルロン酸注射をした後、眉間、額、目尻、顎などのシワにボツリヌストキシン注射をした後、ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)、ボツリヌストキシン注射(ガミースマイル修正)、ボツリヌストキシン注射(目を下に大きくする、垂れ目形成)、小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイス小顔専用高濃度脂肪溶解メソカクテル、ヒアルロニダーゼ注射の後は、当日からメイク、洗顔してもらっても大丈夫です。いずれの注射も、極細の注射針で行うため、直後でも腫れはわずかです。注射した後は、お帰りいただくまでの間しばらく、氷嚢(アイスノン)で冷していただきます。5〜10分程度冷やしていただき、針穴から出血していなければ、メイクをして帰っていただいても大丈夫です。
もちろん、洗顔もしていただいて大丈夫です。
入浴に関しては、注射した当日は、身体が温まって血流が良くなることによって、腫れが出やすい状態にあるため、軽めのシャワー程度にしておくのが無難です。どうしても注射した当日に湯船に浸かりたい場合は、ぬるま湯に短時間(5分以内くらい)の入浴くらいに済ませるのが無難です。
同じ理由で、注射した当日のサウナ浴、岩盤浴も避けるのが良いです。注射した翌日には、普段通りの入浴をしても大丈夫です。サウナ浴、岩盤浴なども翌日から可能です。

術後の運動について ※ヒアルロン酸注入の場合

鼻、顎、ほうれい線、目の下、目の上の窪み、涙袋、唇、額、眉間、コメカミ、頬などの顔にヒアルロン酸注射をした後、眉間、額、目尻、顎などのシワにボツリヌストキシン注射をした後、ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)、ボツリヌストキシン注射(ガミースマイル修正)、ボツリヌストキシン注射(目を下に大きくする、垂れ目形成)、ボツリヌストキシン注射(わきが・多汗症)、手のひらや足の裏の多汗症ボツリヌストキシン、ボツリヌストキシン注射(ふくらはぎ・足やせ・美脚)、肩凝り、ボツリヌストキシン注射(美人肩)、小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイス小顔専用高濃度脂肪溶解メソカクテル、ヒアルロニダーゼ注射の後、当日は激しい運動は控えていただくのが無難です。
いずれの注射も、極細の注射針で行うため、直後でも腫れはわずかです。注射後の痛みもほとんどありません。
しかし、あくまで、針を刺して注入を行っているので、激しい運動をして、血流が良くなると、針を刺したところが、多少腫れてくることがあります。場合によっては、注射直後はほとんど腫れていなかったのに、注射した当日に激しい運動をしたことにより、内出血が生じて、青くなってくることもあります。
注射当日に激しい運動をしたことにより、腫れてきたり、内出血を起こしても、必ず引くし、最終的な仕上がりに特別影響が出ることはまずないのですが、せっかくダウンタイムのないほとんど腫れない治療なのに、腫れや内出血が出てしまうと、悲しいものがあります。そのため、注射した当日は、普通に歩いて帰ったり、家事をしたりする動作くらいは問題ありませんが、激しい筋力トレーニング、ランニング、エアロビクスなどはあえて行わないのが無難です。
ただし、注射した当日は絶対に運動してはいけない、注射当日に運動をすると取り返しのつかないことになるというわけではないので、注射した当日にどうしても運動したいという人は、腫れや内出血が出る可能性があることを頭の中に入れ、自分の身体と相談しながら運動してください。

術後のエステ・自宅で行う顔のマッサージの注意点 ※ヒアルロン酸注入の場合

注入部位以外は当日からマッサージしていただいて大丈夫ですが、注入部位は1週間強いマッサージをしないでください。
注入して間もない時期(特に3日間くらい)は、あまり注入部位をマッサージすると、腫れが出てきたり、注入したヒアルロン酸が移動したり、周囲に広がる可能性があります。
1週間経過すれば、まず大丈夫です。

リスク・副作用・合併症について

内出血について ※ヒアルロン酸注入の場合

ヒアルロン酸、ヒアルロニダーゼ、ボツリヌストキシン、頭髪メソセラピーなどの注射による治療をする際に、最も高い頻度で生じるリスクは、注射後の内出血です。
注射後の内出血は全ての人に生じるわけではありません。
むしろ内出血を生じない人のほうが多く、内出血が生じてしまうのはだいたい10人に1人くらいの割合です。
内出血が生じる原因のほとんどは、注射針が偶発的に細い血管に当たってしまうことです。
私達医師は注射する際、なるべく針が血管に当たらないように注意深く丁寧にさせていただいておりますが、どれだけ慎重に注射しても、10分の1程度の確率で内出血は生じてしまいます。
程度の軽い内出血であれば、1週間くらいでほとんど消えてしますが、運悪く強い内出血が出てしまうと、消えるまで2週間程度かかることがあります。
しかし、注射による治療の後は治療当日からメイクをすることができるので、内出血が出てしまってもファンデーションやコンシーラーで隠すことができます。
また、なるべく内出血を生じないようにするためには、私達医師が丁寧に治療することはもちろん、注射した当日は熱いお風呂に長時間浸ったり、サウナに入らないこと、激しい運動はしないこと、お酒を飲みすぎないこと、注射した部位を必要以上に弄らないことなどが大切です。

アレルギーが生じる可能性について

当院では、注射用ヒアルロン酸は比較的アレルギー症状の出にくいものを使用しております。

そのため、ヒアルロン酸注射後にアレルギー症状が出ることは滅多にありません。

しかし、患者様の体質によっては、アレルギー症状が出る可能性は0ではありません。

ヒアルロン酸自体は元々体内にも存在する物質であるため、ヒアルロン酸そのものに対してアレルギーが生じることは考えにくいのですが、ヒアルロン酸製剤の基剤にアレルギー反応が起こる可能性があるからです。

どんなお薬でも、使う人の体質によってはアレルギーが生じる可能性があるように、どんなヒアルロン酸注射でもアレルギーが生じる可能性があります。

もし、アレルギー症状が出る場合は、注射後数分から数時間後に注射部位が赤く腫れ上がってくることが多いです。

数時間以内にアレルギー症状が現れなくても、数時間以上経過してから症状が現れる可能性もなくはありません。

万が一アレルギー症状が現れた場合、ヒアルロニダーゼで注入したヒアルロン酸を分解させるなど、最善の処置をさせていただきます。

注入後の感染について

ヒアルロン酸注射のリスク、副作用に、注入後の感染があります。

当院では、ヒアルロン酸注射をする際、注入部位の皮膚を消毒し、無菌操作下に行います。

また、使用するヒアルロン酸製剤は、滅菌処理済みで使用期限内のものを使用しています。

他院で行われているような、1本のヒアルロン酸を1回で使い切らず、余った残りのヒアルロン酸を取り置き保管し、後日また同じ患者様に残りのヒアルロン酸を注射するようなことは、当院では致しません(これを行うと、保管中に雑菌が繁殖し、注入時に感染症が起こる確率が上がるため、基本的にヒアルロン酸メーカーも推奨してません)。

1本のヒアルロン酸を複数の患者様に使い回したりすることもありません(これも感染症を起こす可能性があるため、メーカーは推奨していません)。

厳重な無菌管理下にヒアルロン酸注射を行えば、感染症を起こす可能性は極めて低いです。

しかし、どれだけ厳重に無菌管理下にヒアルロン酸注射を行っても、感染症を起こす可能性は0ではありません。

ヒアルロン酸注射後に感染症を起こす場合、注射当日から数日くらいで注入部位が赤く腫れて痛みが出てくることが多いです。

万が一感染症を起こした場合、抗生剤の投与等、最善の処置をさせていただきます。

ドクターズボイス

高須幹弥医師

目の下にクマがあるだけで、実年齢より老けて見えるなんてイヤですよね。クマは化粧品やエステではなかなか改善されないもの。さまざまな美容医療なら、1回の施術でも満足できる結果が得られることもありますよ。