何故、私は手術動画をアップするのか?

教えて、幹弥先生!

■動画で解説 美容整形する必要のない美人がカウンセリングに来たら手術するのですか?

もし、美容整形する必要のないすごく美人がカウンセリングに来たらどうしますか?その美人がどうしても整形をしたいという時は手術しますか?患者様からの質問に高須幹弥がお答えします。

公開日:2016・01・14
出演:高須幹弥医師

動画で解説 美容整形する必要のない美人がカウンセリングに来たら手術するのですか?

A-本日はブログ読者さまからのご質問です。もし、整形する必要がないすごい美人の人がカウンセリングに来たらどうしますか。その人がどうしても整形してくださいって言ってきたら、幹弥先生は手術を引き受けますか。先生の意見をお聞かせください。

幹弥先生分かりました。整形する必要のないすごい美人の人ですよね。

▽もっと読む(全文表示)

まあケース・バイ・ケースなわけであって、例えばアンチエイジングビューティーの治療だったらもちろんやることがありますよね。どんな絶世の美女でも必ず年は取っていって、顔はたるむし、しみはできるし、毛穴は開くし、しわは深くなるわけだから、ヒアルロン酸やボトックスとかやることはあるし、バッカルファット取ってたるむ予防したりとか、イタリアンリフトファインして、たるむ予防して、たるみを上げたりとか。そういったことはもちろんしますよね。

じゃあパーツを変える手術に関してはどうかですよね。例えば二重の幅を広げるとか目頭切開するとか鼻を高くするとか、それもケース・バイ・ケースであって、患者さんが希望すればやることはあります。

と、いうのは、前にも話したけど、美容整形って大きく分けて2種類ありますね。

一つはバランスの悪いものをバランスを良くする手術。例えば分厚い一重まぶたをきれいな二重まぶたにしたり、低い鼻を高くして整えたり。それをやれば、不細工な人は美人になる、イケメンになるっていう手術ですね。

もう一つは、バランスを良くするとか関係なしに、患者さんの好みで、パーツの形を変える手術ですよね。幅広い二重に憧れてる人が幅広い二重にしたりとか、芸能人の誰々と同じ鼻の形にしたいっていう場合は、鼻の形整えたり。それはバランス整えるんじゃなくて、患者さんの好みで形を変える手術ですね。だからその手術は、不細工が美人になるとかは一概には言えないわけですね。

なので、やる必要がない絶世の美女が仮にカウンセリングに来ても、鼻を高くしたいと、私は今の鼻よりもっと高い鼻が好きだから高くしたいって言われれば、ヒアルロン酸やプロテーゼやることもあるし、きれいな狭い二重の人が幅広平行二重でがっつりやりたいって言われれば、やることはありますよね。

例えば絶世の美女の患者さんが、先生に任せるので私をもっと美人にしてくださいって言われれば、やる必要がなければ、あなたはやる必要ありませんよって僕言いますけれど、そうじゃなくて患者さんの希望で好みで幅を広げたいとか、鼻もっと高くしたいって言われればやるっていうことですよね。

例えば、例を挙げるとね、こんなことはないんだけど、仮にね、桐谷美玲ちゃんがカウンセリングに来てね、明日花キララちゃんみたいな幅広平行二重にしてくださいって言われれば、やらざるを得ませんよね。

ただ、桐谷美玲ちゃんなんか、ほんとに狭い末広型の二重であれはあれで似合ってるんだけど、本人が幅広平行二重になりたいって言われれば、やらざるを得ないわけですね。あるいは広瀬すずちゃんが、愛沢えみりちゃんみたいなくっきりした眉間から鼻筋がとおった鼻で、なおかつ幅広平行二重でがっつりやってほしいって言われれば、まあやらざるを得ませんよね。広瀬すずちゃんもあの顔でかわいくて、狭い二重で、すごく鼻筋がとおって高いわけじゃないけど、あの顔はあの顔ですごいかわいいから実際にはやる必要はないと思うんだけど、愛沢えみりちゃんみたいな顔になりたいって言われれば、やることになりますよね。

それは、本人がその顔が好みで、その顔になりたいって言ってるわけですから、パーツの形を変えないといけないですからね。ただ本当に桐谷さん級や広瀬さん級のかわいい子が来て、がっつり幅広平行二重にしたいと言って、でもこの子やるのもったいないなあって僕思うことありますよね。今のままでいいんじゃない、やる必要ないんじゃないって思うときは、やらなくていいんじゃないって言うことはありますけどね。さすがに。きみはこの二重がかわいいと思って言ってるんだけど、今の顔、二重で自然で似合ってるから、別にやんなくていいんじゃないって言うことはありますけどね。

まあ、人間ってやっぱり何かに熱狂するっていうことがあるからね。例えば『小悪魔ageha』のモデルとかに憧れる子もいるわけですよ。でも憧れてるとやっぱりそれが全てで、それこそが一番かわいいと思ってその顔になりたがるんだけど、何かに熱狂するときって大体、長くて2年なんだよね、もつのって。だから1年後や2年後にはあんなに憧れてた芸能人の顔も、そのときにはダサいとか思って考え方に変わって。狭い二重のほうが自分は似合ってるから良いって考え方が変わることもあるから、それも踏まえて、これはやんないほうがいいかなって思ったときは、積極的にすすめなくてね、やんなくてもいいんじゃないってことは言いますけどね。それでも本人が絶対後悔しないし、やりたいって言うんだったら、本人の意思を確認してやることはありますけどね。

あとは僕が守ってるのは、将来、後遺症が出るような激しいオーバーサージェリーはしないっていうようにしてますよね。ものすごく極端に二重の幅広げると、後で狭く修正したいって言われても限度があるから、広くし過ぎないほうがいいよってアドバイスすることもあるし、あるいは皮膚を切除しちゃうと、次の幅を狭くする修正手術で皮膚を切除して狭くできなくなるから、切除して狭くできるように、皮膚を切除しないとかね。そういうことを、気を付けることはしてますね。

あとはものすごい高い鼻を望んでも、皮膚の薄い人にものすごい高いプロテーゼを入れてしまうと、若い時は良くても、将来、年を取って皮膚が薄くなると、プロテーゼの輪郭がくっきり浮き出て不自然になったりすることもあるから、あなたの場合はこれくらいの高さまでにしたほうがいいよってアドバイスをすることはありますよね。

どうしても熱狂してる人っているもんね、患者さんって。よく患者さんでもさ、あるときはhydeの顔になりたいって言ってhydeの写真いっぱい持ってきて、こういう幅広二重で彫深くしたいって言ってきて、言われたとおりに修正するんだけど、1年後に同じ患者さんが来てね、やっぱりDAIGOの顔にしてくださいって、全く180度、好みの顔が変わってくる人がいて、結局、そのときは最初はhydeに憧れて熱狂してたんだけど、熱が冷めて、1年、2年たつとまた別の人に憧れるっていうことはあるから、そこまで踏まえてよく考えて手術したほうがいいですよね。

A-そうですね。

幹弥先生と、いうことです。

A-かしこまりました。では、すごく美人でも人の顔が良く見えたりするので、やはり先生の意見を聞いて手術をするか決めたほうがいいですね。

幹弥先生そうですね。熱狂してる人はね、人間っていうのは熱狂は1年か2年で終わるってちゃんと理解してからデザイン決めたほうが良いですね。そうでしょ、だって、恋人とかできて、すごい大好きになってさ、一生この人と一緒にいたいって思ってもさ、1年、2年たつと冷めてくるでしょ。5年、10年、15年ぐらいでさ、永遠にさ、出会った頃の、すごい好きって気持ちが続くってこと、ありえないですよね。美容整形のデザインも一緒ですよ。

A-なるほど。奥が深いですね。

幹弥先生そうです。

A-幹弥先生、本日もありがとうございました。

幹弥先生ありがとうございました。

A-はい。

△記事を閉じる

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大