何故、私は手術動画をアップするのか?

教えて、幹弥先生!

■Fカップの大きな胸がコンプレックスです。バストを小さくする美容整形手術はありますか? 高須クリニック高須幹弥が動画で解説

Fカップの大きな胸がコンプレックスです。バストを小さくする美容整形手術はありますか?
患者様からの質問に高須幹弥がお答えします。

公開日:2016・04・03
出演:高須幹弥医師

Fカップの大きな胸がコンプレックスです。バストを小さくする美容整形手術はありますか? 高須クリニック高須幹弥が動画で解説

A-私は胸が大きいのが悩みです。Fカップくらいあるのですが、よく男性から胸が大きいことをからかわれます。小学生くらいの頃からずっといろいろな人に、いつも胸が大きいことを言われ続けていて、本当に嫌なんです。それに、肩がこるのも嫌だし、胸を小さくする手術ってあるんですか。あと、私みたいに胸が大きいことをコンプレックスにしている女性は多いですか。よろしくお願いします。とのことです。

幹弥先生はい分かりました。Fカップっておっしゃってましたっけ?

A-はい。

幹弥先生Fカップだったら、男性が喜ぶくらいの一般的な、俗にいう巨乳ですよね。なので、結論から言うと、手術しないでそのままにするのがいいと思いますね。

胸を小さくする手術っていうのはあるんだけれど、それはどういう手術かというと、マンマリダクションとか乳房縮小術っていう名前なんだけど、大抵大掛かりな手術だから全身麻酔でやりますね。で、余分な乳腺とか脂肪を取るんですね。脂肪は脂肪吸引である程度取ったりして、乳腺はもう皮膚を切開して取りますね。大体その乳輪の周りぐるっと切開してその下もね、いかり状に皮膚を切除して乳腺もごそっと電気メスで取って、で縫い合わせるんですね。なので傷が残りますね。乳輪の周りぐるっと一周と、あとおっぱいのこの下の溝の所と、乳輪からその溝にかけて縦の傷が残りますね。

それはね、立った状態とか座った状態では傷はそんなに目立たないんだけど、寝た状態だと傷が結構あらわになるので、あんまり若い女性にはやらないですね。どっちかっていうと年配の女性で、40代50代60代とかでものすごく大きくて悩んでる人とか、あるいは授乳とか出産によって垂れちゃって、そういう形を整えるためにちっちゃくしてなおかつ持ち上げて形を良くするっていう手術ですね。その手術は。

なので傷があらわになるので、20代の女の子にはやらないほうがいいと思いますね。Fカップくらいだったら。

ただ、20代でもやることは時々あるわけで、それはKカップとかLカップとか、片方のバストがもうメロンとかスイカくらいのボリュームがあって、本当に病的に大きい人ってごくごくまれにいるんだよね。別に病気じゃないんだけどものすごく大きくて明らかに不便でかわいそうっていう人はいるから、そういう人にはもう傷がついてでもいいから乳房縮小術をやることがありますね。で、DカップとかEカップくらい、ちょっと大きめくらいにすることはありますね。

ちっちゃくなるんだけど傷がつくってわけであって、得るものがあるけど失うものもある手術なので、得るものが大きい場合は傷がついてでも手術するけどFカップくらいだったら手術しないほうがいいですよね。理屈的にはいくらでもちっちゃくできちゃうんだけど、やらないほうがいいですよね。

逆に、Fカップという巨乳を持ってるわけだから、もうそれを武器にしてプラス思考で生きてくのがいいと思います。

A-そうですね。

幹弥先生うん。だって逆に胸がちっちゃい人ってよく来るよね。美容整形に。胸を大きくしたいと。Fカップになりたいって人いっぱいいるわけですわ。そういう人たちは胸がちっちゃいのがコンプレックスで巨乳にしたいって思ってるんだよね。FカップまでいかなくてもCとかDくらいでいいって人もいればFカップくらいしっかり大きくしたいって人も結構いるわけであって、そういう人から見ればFカップで胸が大きいのが悩みでちっちゃくしたいっていうのはすごくぜいたくな悩みなんだよね。だから、貧乳で悩んでる人と巨乳で悩んでる人が、頭の精神構造が入れ替わったり体だけ入れ替わるとすごくいいんだけどね。もう一気に悩みが解決されるから。

A-そうですよね。

幹弥先生うん。結局人間って自分が持ってないものに憧れるっていうのがあるから、貧乳の人は巨乳に憧れるし、巨乳の人は貧乳に憧れたりするっていう変な矛盾が生じるわけであって、でもプラス思考の人なんかは「私は貧乳でもいいのよ、他のところでもっと頑張るから」とか「スタイルを良くするために頑張るから別に胸ちっちゃくてもいいのよ」って頭の思考回路を切り替えてプラスに持ってく人も多いし、そういう人は美容整形しようとは思わないよね。

A-はい。

幹弥先生巨乳でちっちゃい頃コンプレックスでも、「でも私は大きな胸が私の武器になるんだ。プラスになるんだ。やっぱり巨乳が好きな男性は多いから私はこの胸を武器にして男の人にモテるからいいじゃないか」って「皆にうらやましがられるからいいじゃないか」ってプラス思考にもってけば美容整形しようとは考えないけれど、結局、マイナス思考の人とか平凡な性格の人が美容整形しようと思うんだよね。

マイナス思考の人なんかは、私は胸が大きいのが悩みで損してるって勝手に思い込んでる人とか、貧乳の人も貧乳で損してるってマイナスに思うから美容整形して大きくしたりちっちゃくしたりとか考えるわけで。あと平凡な性格の人っていうのは、平均的になろうってところがあるんだよね。

おっきい胸とかちっちゃい胸が個性でいいじゃないかとか、そういうプラスに考えようって思わなくて、平均的な体になりたいって思う人がいて、日本人の平均って大体BカップとCカップの間だから、人並みくらいの大きさになりたいって、自分を平均化させようってする人がいるんだけど、それもプラスプラスに考えれば別にね。

胸がちっちゃい人が大きくしたいっていうのはすごく分かりますわ。やっぱりちっちゃいよりはおっきいほうが男性からも好かれる確率がすごく高くなるし、スタイルも良く見えるから。でもFカップくらいの程よい巨乳だったら、わざわざ傷をつけてちっちゃくする手術をしないほうがいいと思います。あと、皮膚を切らないで傷が残らないで胸を小さくする方法ってのもなくはないんだけど、その場合は脂肪吸引して脂肪だけ吸い取るか、あと脂肪溶解注射してバストの脂肪を溶かしてしぼませるかだよね。

A-はい。

幹弥先生大抵バストって大部分が脂肪でできてるんだよね。若い人なんかは結構乳腺の硬いのが多くて脂肪が少ないことが多いんだけど、年を重ねるに連れて脂肪の割合が増えてくから、脂肪だったら脂肪吸引や脂肪溶解注射で溶かせるんだけど、でもその場合って胸はちっちゃくなるんだけど周の皮膚は変わらないからしぼんで垂れて形が悪くなっちゃうんだよね。年取ってバストがしぼんだり、妊娠、出産、授乳してバストがしぼんじゃって形が崩れることがあるでしょう。それをあえて若いときに注射とか吸引でやってしまうわけだから、形は良くならないからそれもおすすめじゃないですよね。

A-はい。もったいないですよね。

幹弥先生そうそう。水風船に例えれば、パンパンに張ったきれいな形の水風船があるのに水だけ抜いてしぼませちゃうわけだから、しぼんで垂れた形の悪い胸になるから、だったらFカップくらいだったらプラスに生きてくほうがいいと思います。

A-はい。そうですね。

幹弥先生はい。そんなところです。どうぞ締めのお言葉をお願いします。

A-きょうは少しうらやましいお悩みでしたが、何事も前向きにプラス思考でいってほしいですね。

幹弥先生よくいらっしゃるんですわ。Fカップくらいの女の子が来て、「胸が大きいのが悩みだからちっちゃくしてください」って。大抵帰しますね。「気にしなくていいよ」と。「これを君、武器にして生きていくほうが絶対プラスだから。傷残るし」って言いますわ。で、本当に病的に大きい人とか、年取ってすごく形が悪くなって垂れちゃってる人は、乳房縮小術っていう切る手術を勧めることもあります。

A-はい、分かりました。では幹弥先生本日もありがとうございました。

幹弥先生はい。ありがとうございました。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大