何故、私は手術動画をアップするのか?

教えて、幹弥先生!

■動画で解説 幹弥先生に任せれば、絶対に二重切開で自然で可愛い目にしてくれますか?

幹弥先生にお願いすれば、絶対に自然でかわいい二重にしてくれますか?20代女性ブログ読者様からの質問に高須幹弥がお答えします。

公開日:2016・08・22
出演:高須幹弥医師

動画で解説 幹弥先生に任せれば、絶対に二重切開で自然で可愛い目にしてくれますか?

A-本日はブログ読者、20代女性の方からのご質問です。私はずっと二重の手術をしたいと思っていて、ずっと幹弥先生のブログは読んでいました。幹弥先生の症例写真とか見たり、ぐり・ぐらちゃんのブログとか見て、絶対に幹弥先生に二重切開してもらいたいと思いました。幹弥先生にお願いすれば、絶対に自然でかわいい二重にしてくれますか。初めての整形でいろいろ不安なのでよろしくお願いいたします。

幹弥先生はい、分かりました。僕に任せれば自然でかわいい二重にしてくれるかっていう質問ですよね?切開二重で。答えはイエスです。僕に全部任してくれれば、絶対に自然で似合うかわいい二重を作ります。

全部任せてくれれば。デザインも全て、術式も任せてくれれば、絶対にその人の顔に合った自然で似合う二重を作る自信があります。あんまりこのインターネット上で、美容整形のウェブサイトとかで、絶対にとか、表現を使うなとか、そういう厚生労働省の指針もあるけどあえて使うけど、全部任してくれれば絶対に自然な二重を作る自信がありますね。

というのは、誰でも、その人の目に合った一番自然な二重のライン、幅、形っていうのが決まってるんですね。なので自分に一番合った二重にしてって言われたらもうそのラインでやります。

A-はい。

幹弥先生それはどういう二重かっていうと、答えは一つです。重瞼棒でこうやって二重当てて作ってみて、二重を作って一番黒目が大きく露出する二重です。

例えば、一重まぶたとか、奥二重のちょっと皮膚がかぶさってるのだと、やっぱり黒目の上に皮膚がかぶさるから黒目がしっかり出ないことがありますね。逆に幅広すぎると、二重のラインの下の皮膚がまつ毛の生え際にかぶさって、黒目の上にもかぶさって、黒目がはっきり出ないことはありますね。

あるいはもう、もっと広げすぎると、広げすぎたことによってそれがまぶたを開ける障害になって開かないってこともありますよね。ちょうどいい所にすると、まつ毛の生え際も出て、黒目の上に皮膚がほとんどかぶさらなくて、黒目がしっかり出るんですね。それがその人に一番自然で似合った二重なんで、そのデザインでやれば必ずかわいくなるし自然になります。あらゆることが自然になりますね。

まずやっぱり傷がきれいになりますね。二重を作るときってあんまり幅広くしすぎるとまぶたって上にいけばいくだけ厚くなるから、上のほうの皮膚で癒着させて二重を作るから、やっぱり傷がちょっと食い込んで目立つことがあるのね。でも下のほうって皮膚が薄いから、大体その僕が勧めたラインでそんな広すぎないラインだから、薄い皮膚で癒着させる二重だから、あんまり傷が食い込まなくて伏し目になったときも、食い込んで不自然になったりとかしなくて自然になりますし。

あるいは、まぶたってこう開ける動作をするからしわが平行に何本もあって、そのしわに沿っての切開だから、自然に目が開きますね。それを無理して端から端まで同じ幅の二重にしてとかいう要望をされると、無理してしわに逆らって二重切開して二重の癒着を作らないといけないから、どっかでカクカクってしたりとか、変な二重のラインになったりとかするんですね。でもしわに沿ってのラインだったら、すごく自然になりますね。

あるいは、幅が広すぎないから二重のラインの下の皮膚がぷっくりしたりとか、まつ毛の生え際にかぶさって不自然になったりとか、目の開きが悪くなったりってこともないので。必要があれば眼窩内脂肪とかROOFとかも取ってすっきりさせるし、必ず自然になりますね。
だから全部僕に任してくれれば必ず自然に仕上げます。自信があります。

ということで、全部デザインから任してくれれば自然にできます。

ただ僕が、これが一番自然で似合ってるからこれでやろうねって提案して、それ嫌ですと、もうちょっと幅広がいいですとか、あるいは大抵末広、7割ぐらいの確率で末広型になるんですね、一番自然なライン。で、末広は嫌です、どうしても平行がいいですって言われたら、僕におまかせじゃなくなっちゃうよね。僕のおまかせじゃなくて患者さんの希望でデザインを作るってことになるから、そうすると一番自然なデザインとはちょっとずつ変わってくるので。変われば変わるほど不自然さが強くなってきます。

狭い二重が自然なのに無理して広げると、やっぱりさっき言った不自然さがちょっとずつ出てきます。傷が食い込んだりとか、二重のラインの皮膚がぷっくりしたりとか、まつ毛の生え際が隠れたりとか、目の開きが悪くなったりってことが、広げれば広げるだけ起こりますね。

A-はい。

幹弥先生あるいは、やっぱり日本人って7割ぐらいの人がもともと一重まぶたで、蒙古ひだが張ってて、典型的なモンゴロイドの顔をしてるんですね。弥生人の顔。そういう人は普通に自然な二重のラインを作ると蒙古ひだの中に二重のラインが入って末広型になるんですね。だから7割の人は自然で似合う二重って末広型なんですね。

でもその人がどうしても平行型がいいって言うんだったら、蒙古ひだを乗り越えて幅広い二重を無理やり作らないといけないから、やっぱり広い二重を作ることによって不自然さは出てくるわけですね。あるいは、無理やり蒙古ひだを目頭切開で思いっきり切開して解除すれば、狭い二重でも平行型になることがあるけど、そんだけ目頭切開するってことはそうとう寄り目になってきつい顔になるから、やっぱり不自然さは出てしまいますんで。なので結局、デザインから何まで全部任してくれれば必ず自然な二重を作ってさしあげます。

ただ、僕が提案した二重が自分の好みに合わなくて、どうしても平行型がいいですとか、どうしてももっと幅を広げたいですとか、思いっきり幅広げたいですとか、アイラインを引いてもちゃんと二重だって分かるように奥二重みたいにならないようにしてほしいですって言われたらやっぱり結構広くしないといけないから。そうすればするだけ不自然さがどんどん出てくるってことになりますね。傷が食い込んだりぷっくりしたりってことになりますんで。なので、任していただければ、必ず自然で似合う二重をお作りいたします、ということです。

A-分かりました。

幹弥先生あとはその人は二重の手術したことないって言ったから、多分元が一重か奥二重かだと思いますが、あるいはアイプチとかしてて弱い、何となくしわっぽい二重があるかどうかなんで自然な二重できるけど。時々既に切開で二重をしてて、自然な二重になってるんだけど、「もうちょっと幅広げたい」って言ってくることがあって、自然にしてくださいって言われたら、やっぱり広げること自体が不自然だからそういう場合はもうやらないほうがいいよってことになるし、あるいは他院で切開の二重してなんかちょっとおかしいところ、傷が食い込んでるとか、なんかちょっと不具合があったらそこだけ修正する。そういうことになりますよね。

A-はい。

幹弥先生あとは、こういうこと僕、今回だけじゃなくてもう昔からブログに書いたりとかYouTubeでこうやって解説していってるんだけど、それでもどうしても、自然になりたいんだけどちょっと幅が広くて平行型にしてくださいとか、無理なことがあるから、無理なときは無理ですね。どうしても平行にするとか似合ってるラインより幅広くするんだったら、ちょっと不自然になるの覚悟の上でやらないといけないってことになりますね。

あと、「僕に任せれば自然になるよ」ってずっと言い続けてるんだけど、そうするとそこだけ切り抜いて頭の中に入れてきて、「先生のブログ見ました。動画も見ました」と、「先生にお任せするので私に似合った幅の狭い平行型にしてください」って言ってこられる方もいるんだけど、その時点で任してるわけじゃないですね。

たまに、蒙古ひだがあんまり張ってなくて似合ってる二重に作ると平行型になる人いるんですが、2割か3割ぐらいですね日本人の。たまたまそういうタイプの目だったらいいんだけど、蒙古ひだが張ってて分厚いまぶただったら、無理して平行作ると不自然になるからそういう場合は自然な平行型を作るのはできないですよと。全部任せてくれれば自然にするけどその場合は末広型だよって。平行型にするとちょっとぷっくりしたり不自然になるよってことなんで、そこを誤解しないでいただきたいですね。はい、以上です。

A-はい、分かりました。では、先生を信じて全てを任せるということが大切ですね。

幹弥先生はい、そうなんですよ。ずーっとそれを言い続けてるんだけれど、やっぱり美容整形の患者さんってこうなりたいって決まってる人が多くて、半分ぐらいの人は僕に全部そうやって任せてくれて自然な二重を作るんだけど、残りの半分の人は、「私は絶対こうなりたいです」ってスマホで画像見せたりとか芸能人の写真とか見せて、「なるの」って。

そうすると、自然で似合う二重とは違う二重を作らないといけないから、それを変えないといけないから、元の目と自然に作った二重とあるいは芸能人の目がかけ離れてればかけ離れてるほど、やっぱり不自然さが出るのでそれはもう苦労しないといけないわけですね。

逆に一番自然になってる二重より狭くするのは不自然にならないですね。狭くするのは全然不自然にならないです。ただ一番自然に似合ってる二重よりも広げると、やっぱり広げれば広げるだけ不自然さが出るので、その辺も頭に入れていただければ大丈夫です。

A-分かりました。では、幹弥先生本日もありがとうございました。

幹弥先生はい、ありがとうございました。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大