何故、私は手術動画をアップするのか?

教えて、幹弥先生!

■広瀬すずちゃんのようなショートボブの髪型が似合う顔に美容整形することはできますか? 高須クリニック高須幹弥が動画で解説

広瀬すずちゃんのようなショートボブの髪型が似合う顔に美容整形することはできますか?その場合は、どのような手術をすることになりますか?20代女性ブログ読者様からの質問に高須幹弥がお答えします。

公開日:2016・09・29
出演:高須幹弥医師

広瀬すずちゃんのようなショートボブの髪型が似合う顔に美容整形することはできますか? 高須クリニック高須幹弥が動画で解説

A-本日は20代女性ブログ読者さまからのご質問です。いつも幹弥先生のブログや動画を楽しみに見させていただいています。先生に質問があります。私は広瀬すずちゃんが大好きで、映画とかドラマとか見ていろいろすずちゃんのまねとかしてるのですが、すずちゃんがよくしているナチュラルショートボブスタイルの髪型ってあるじゃないですか?あのショートボブスタイルが似合う顔とかってあるんですか?ショートボブが似合う顔に整形することはできますか?その場合どのような手術をすることになりますか?よろしくお願いします。

幹弥先生はい、分かりました。広瀬すずちゃんに憧れててすずちゃんがよくやってるショートボブの髪型にして、その髪型が似合う顔に整形したい、それするには何の処理ですかっていうご質問なんですけど、まずこの質問自体がアウトですね。

まずね、髪型ありきじゃないですかこの方は。ショートボブの髪型にしたいと。その髪型に合う顔に整形したいって言っているわけじゃないですか。髪型を第一にしてるわけですよね。それはねえ、ちょっとおかしい。よくないですわ。そういう整形はよくないですね。本来は、美容整形って顔をかわいくしてくださいと。ちょっといけてないと。言葉悪いけれど、ちょっと不細工なところを治してかわいくなりましょうと。かわいくなりましたと。

それから美容室に行って美容師さんに、私の顔に合った髪型にしてくださいっていうのが正しい流れですよね。そもそも髪型っていうのは、似合う似合わないっていうのは確かにあるんだけど、一番大きなポイントって顔の悪いところを髪型でカバーするのが一番の目的なんですよ。例えば、頬骨とかエラが横に張っている人なんかは、サイドに髪の毛を垂らして出っ張っている輪郭の部分を隠すことができるから、悪いところを隠せるんですね。

あとは、額が平らであんまりかわいくないおでこをしている場合なんかは、前髪を眉毛の位置まで作って額を隠せば、悪いとこ隠せるじゃないですか。悪いところを隠すために髪型を整えるのが大きな目的なんですわ。あるいは僕なんかよく美容師さんに言われるんですけど、お客さま絶壁だから、絶壁が分からないように後ろのほうにボリュームを出すようにやりました、って言われるんですよ。やっぱりいろんな角度から見てもそれなりにいけてるんですよ。

で、そのままずうっと帽子かぶっているとぺったんこになって、絶壁が目立っちゃったりするわけですよ。やっぱりボリュームがあったほうがいいなって思うわけですよね。だから顔の形とか頭の形とかは、悪いところを目立たなくするために髪型を作るのが大きな目的で、それ以外にも髪の毛の色とかウエーブをかけたりとか、その時の気分とか雰囲気によってまた変えたりとか、そういうのもありなんだけれど。

なので、ショートボブが似合う顔に整形してって言われても、強いて言えばショートボブスタイルだと顔の輪郭も横が隠れるから、頬骨とかエラが出っ張ってる人とか、あるいはほっぺがぽっちゃりして下膨れの人なんかにその髪型をすると、よりかわいく見せることができることはありますがね。あるいは、下膨れだったら、中央の部分のボリュームを持ってきて、下の方はショートボブで、ちょっとまるい感じでボリューム少なくすれば、下膨れの顔でも何となくシャープに見せるってことができますわね。

もとはそういう顔の人なんかは、その髪型にすれば似合うんであって、その髪型に似合う顔に整形するっていうのは、やっぱりちょっと的外れな要望ですよね。

結局、完璧な美人って、どんな髪型にしても絶対似合うんですよ。頭の形もよくて顔もちっちゃくて輪郭もシャープで、目も大きくて鼻筋も通っててっていう人。額も丸くてかわいかったらどんな髪型にしても絶対かわいいんですよ。もうロングにしても絶対似合うし、ショートボブでも似合うし、ベリーショートにしても似合うし、スキンヘッドにしても似合うんですよ。いいところが全部出るから。

で逆に、額が平らとかエラや頬骨が出てるとか、悪いところがある人は似合う髪型が限られるわけですよね。そこが出ちゃうとよくないですわ。おでこが平らで頬骨が横に張っている人なんかは、オールアップにして額も出して、髪の毛を後ろのほうに結んでさ、全部出しちゃうと悪いところが出ちゃうから、あんまり似合わなかったりするわけですね。

あとは、髪の毛の色なんかは隠すとか関係ないので、清楚なイメージにしたかったら黒髪にすればいいし、ちょっと派手系でいきたかったら金髪にすればいいし。あるいはちょっとナチュラルにブラウンかけるとかね、おしゃれっぽくするのもありだし。ということで、絶世の美女、顔のパーツに悪いところがない人なんかはどんな髪型にしても似合うし、どっか悪いところがある人なんかは、髪型を工夫してよりかわいく見せるっていうのが大事であって、髪型を先に限定してそれに似合う顔に整形してっていうのは、論点がちょっとずれているんで、そういうことですわ。

あとは、長い髪の毛ってきれいだから、ボーイッシュになりたくてベリーショートにしたりとか、そう特別な要望がなければ下手に髪の毛短くしなくて、長くしたほうがかわいくなれる人が多いですわ。長い髪を持ってるってだけで、日本人の髪ってきれいじゃないですか、ストレートで。それだけが女性の武器にもなるから、長い髪を持ってるほうが有利だと思いますけどね。それに応じて、自分でいろいろアレンジしてくれればいいと思います。

A-患者さんに合う髪型にするのではなく自分の顔に合う髪型にして、かわいくなってほしいですね。

幹弥先生そう、そういう意味です。美容整形するときは、こういう髪型に似合う顔に整形してくださいっていう希望はもうアウトですわ。とにかくもう、かわいくしてくださいだけでいいんです。かわいくなりたかったらその人の顔の悪いところを治せば、必ず今よりはかわいくなるわけで、でもやっぱり完璧っていうのはなかなかできないことはありますよね。

やっぱり元の土台とか、パーツの位置関係とかによっては限界っていうのがあるから、美容整形である程度かわいくして、それから美容室さんに、私に似合う髪型にしてくださいっていうのが一番かわいくなれる近道ですよね。そういう感じでいいと思います。

A-はいわかりました。幹弥先生、本日もありがとうございました。

幹弥先生はい、ありがとうございました。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大