※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

何故、私は手術動画をアップするのか?

教えて、幹弥先生!

■二重まぶた手術の埋没法と切開法はどちらがいいんですか?どちらがおすすめですか? 高須クリニック高須幹弥が動画で解説

私は奥二重で、二重の線がほとんど見えてない目をしているので、いつもアイテープで二重を作っています。二重まぶたの手術を幹弥先生にしていただこうと勉強をしています。ホームページにもいろいろ書かれていますが、結局のところ二重まぶた手術は埋没法と切開法はどちらがいいんですか?どちらをご検討くださいか?20代女性ブログ読者様からの質問に高須幹弥がお答えします。

公開日:2016・10・20
出演:高須幹弥医師

二重まぶた手術の埋没法と切開法はどちらがいいんですか?どちらがおすすめですか? 高須クリニック高須幹弥が動画で解説

A-本日は、20代女性、ブログ読者さまからのご質問です。いつも、幹弥先生のブログや動画を見て、いろいろ勉強させていただいています。私は奥二重で、二重の線がほとんど見えてない目をしているので、いつもアイテープで二重を作っています。幹弥先生に二重の手術をしてもらおうと思って、いろいろ勉強しているのですが、二重の手術って埋没法と切開法があるじゃないですか。ホームページとか見てもいろいろ書かれてるけど、結局のところどっちがいいんですか。先生はどっちの手術がお薦めですか。教えてください。よろしくお願いします。

幹弥先生はい、分かりました。二重の手術したいけど、埋没法、切開法どっちがいいのか。どっちがお薦めなのかっていうご質問なんだけど。どっちがいいのかって、一概には言えないですよね。

だって、どっちの手術もいいわけで。それぞれの手術にメリット、デメリットがあるわけで、自分にとってどっちが適してるかっていうのをよく考えてどっちをやるかを決断するわけです。

結局、一長一短あるわけで、何が違うかっていうと、まず、料金が違うっていうことと術後の腫れの期間が違う、ダウンタイムの長さが違うっていうことと、あとは埋没法は戻っちゃうけど切開法は戻らない。あとは、埋没法は糸を取って戻せるけど、切開法は元に戻すことができないっていうことで、それをよく考えてどっちをやるかを選ぶわけです。自分で。

どっちがいいかは分かんないから先生決めてくださいっていうんだったら、僕は本人にとって一番似合うライン、自然なラインで切開してあげればいいと僕は思います。でも、結局、人によって事情って違うじゃないですか。例えばちょっと幅広の平行型二重にしたいと。でもその人、まぶたがすごい分厚くてそんな人に切開で幅広平行すると、すごい不自然になるってことがあるんですね。

幅広平行型二重って、それを作ってすごく自然で似合う人もいればそれをやってすごく不自然で似合わない人もいるわけであって、まぶたが分厚くてあんまり目の開きが良くない人なんかは、それをやることによって二重のラインの下の皮膚がぷっくり膨らんでまつげの上にかぶさって、眠たそうな目になったり傷跡がすごい食い込んだりすることがあるわけであって。そういう人、いきなり切開してしまって後でやっぱり似合わないことが分かって戻したいって言っても戻せないから、そういう人はまず埋没法でやってみるっていうのもありです。

ただ、やっぱり仕上がりとしては、埋没法と切開法は仕上がりが全く一緒ではないわけで、切開法だったら眼窩内脂肪とかROOFっていった脂肪を除去することができるから、多少まぶたを薄くすっきりすることができるけど、埋没法ではできないし。あるいは、もともと二重のラインがある人に対して埋没法で幅を広げると、下のラインが残って三重になったりとか内側とか外側がちょっと二股になったりってことがあるんだけど、切開法だとそういうことはあんまりないので、埋没法と切開法、仕上がりが違うけど埋没法のメリットとしては気に入らなかったら戻せるっていうのがあるから、まず埋没法でやってみるっていうのもありですわね。

あとは、休みがあんまり取れないっていう人なんかは、切開するんだったら、1週間は糸付いてるから、アイメークも1週間はできないから、最低でも1週間は休み取ったほうがいいんだけど、その1週間の休みも取れなくて、3日ぐらいしか取れないっていう人なんかは、しょうがないから埋没法やりましょうかってことになります。また、切開法を後からやりたくなったら、後からやることもできるから取りあえず今回は休みが取れないけど、どうしても二重にしたいっていう人は、まずは埋没法でやるということはありますわね。

あとは、お金がないっていう場合ありますよね。切開法だったら、両目で今だったら27万円かかるんだけど、どうしてもお金が10万円しかないとか18万円ぐらいしかないっていうんだったら、埋没法の一針固定を両目やって9万円に消費税だし、二針固定でも17万円に消費税だから、取りあえずどうしても切開のお金がないからしょうがないから、でも二重にしたいから埋没法でするとか、そういう場合もあるし。

あとは、ちょっと優柔不断な人ってよくいるじゃないですか。取りあえず二重にしたいんだけど、末広型の狭い二重が似合って、僕は薦めたんだけど、どうしても平行にしたい。でも、「ちょっと不自然になるよ」って言って、でも、不自然なのは嫌です。でも平行型がいいですっていう場合なんかは、切開してしまうと、後で戻したいってなっても戻せないから、取りあえず埋没法でやりましょうかということはあります。

取りあえず埋没法でやってみて、やっぱり気に入らなかったら、糸を取って戻すってこともあるから、優柔不断な人なんかは、まず埋没法でやったほうがいいってことはあります。優柔不断な人ほど、手術した後に後悔するっていうことありうるから。

絶対、私はこのラインでやって後悔しませんっていう強い決心がある人とか、先生に任せるから、自分にとって一番自然で似合う二重を作ってかわいくしてくださいっていう場合なんかは、まず後悔することはないと思うから、最初から切開してもいいんだけど、ちょっと優柔不断でやろうかやらないか迷ってる人なんかは、後で後悔するかも分かんないとか、後で戻したくなるかも分かんないっていう人は、まずは埋没法でやったほうがいいです。

ということで、埋没法と切開法どっちがいいですかって聞いてくる人、時々いるけど、どっちもいいですよね。カレーとスパゲティ、どっちがおいしいんですかって聞くようなものであって、どっちもおいしくて、どっちもそれぞれのメリットがあるわけだから。結局、メリット、デメリット、考えて、まずは自分で決めるってことですね。

はい、ということです。以上です。

A-分かりました。ではどちらがいい方法かというより、自分にとっていい方法で受けていただくのがいいですね。

幹弥先生そうですね。そのとおりです。自分でよく考えてどっちでやるか決めればいいと思います。自然で似合う二重作りたいですって、不自然になるの嫌です、先生にお任せしますって、先生プロだから一番よく分かってると思うから、先生にお任せしますっていう人なんかは、最初から全然切開してもいいと思います。その人にとって一番似合うラインっていうのは必ずあるので、そのラインでやれば不自然になることはないし、後悔することもまずないと思うんで、そういう人は最初から切開してもいいと思うし、どうしようか悩んでる人は、このライン作って似合うのか似合わないのか分かんない。切開しても後で後悔するかも分かんない。切開して後悔しても戻せないな。どうしようっていう優柔不断な人なんかは埋没法でやればいいと思います。

A-分かりました。幹弥先生、本日もありがとうございました。

幹弥先生ありがとうございました。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大